へそゴマのお手入れってどうしていますか?おへその形状によっては無い人もいますが、ほとんどの人が一度は「取ってもよいのか?」悩んだ経験があるのではないでしょうか? 今回はおへそのゴマの謎と掃除の仕方を紹介します。

おへそには都市伝説がいっぱい

昔から「おへそをいじるとお腹が痛くなる」、「おへそは腸とつながっている」なんていわれていますよね。実際、おへそのゴマを取ろうとしたらお腹が痛くなったことがあり、その経験からおへそのケアはしない派もいます。おへそって本当にお腹の中とつながっているのでしょうか? さすがに腸とはつながっていません。しかし、おへその薄い皮の下は腸などの内臓を包んでいる腹膜とつながっています。この膜には神経がたくさん集まっているため、刺激を受けるとお腹が痛くなることもあるのです。これが「おへそをいじるとお腹が痛くなる」原因。そして、おへそをいじり過ぎて腹膜が傷ついたり炎症が起きると「臍炎」という病気になってしまうのです。そこでさまざまな言い伝えや都市伝説が生まれたのですね。

おへそのゴマは○○だった

そうはいっても、窪んでいて襞が多いおへその中は細菌でいっぱい。おへそのゴマに潜む細菌は約120万個といわれています。おへそのゴマとは垢や皮脂、ほこりと細菌の塊だったのです。そのため悪臭の原因になることも。おへそのゴマはきれいに取り除く必要があるものなんです。

正しいおへその掃除の仕方

ただし、先述したようにおへそはデリケートな場所。過剰に掃除したり、無理やりゴマを取り除くと炎症の原因になってしまいます。刺激を与えず、優しくきれいにするために、オリーブオイルやベビーローションを使いましょう。お風呂上りの清潔で皮膚が柔らかい状態で、オイルを含ませた綿棒でやさしくこすってゴマを取り除きます。ずっとおへそを触っていなかった場合、大きな塊が皮膚にくっついているようになることも。この場合は、オイルを含ませたコットンをおへそに入れておくか、オイルをおへそにたらしてコットンでフタをします。しばらく(1日〜数日)ふやかしておいて、綿棒で取り除きましょう。どうしても取れない場合はなんと皮膚科でも取ってくれるので受診してみましょう。取った後は消毒を忘れずに。

おへそのゴマは取るべきものだったのですね。美しいウエストを作るためにもやさしく取り除いてあげましょうね。


writer:しゃけごはん