7日、日本のスーパーで女がゴキブリ十数匹を放った事件が、中国や台湾などで大きく報じられている。資料写真。

写真拡大

2016年7月7日、日本のスーパーで女がゴキブリ十数匹を放った事件が、中国や台湾などで大きく報じられている。

先日、小学校事務員の永瀬俊子容疑者(56)が、神戸市内のスーパーマーケットでゴキブリ十数匹を放ったとして、威力業務妨害の疑いで逮捕された。スーパー内にゴキブリがいるのを店員が発見して警察に連絡。今月に入って店に現れた永瀬容疑者を任意同行し事情を聴いたところ、犯行を認めた。永瀬容疑者は、「自宅で捕まえたゴキブリを生かしてやるために放した」と供述し、スーパーを選んだ理由について「“えさ”があるから」と話しているという。

台湾・ETtodayはこの事件に関する日本のネットユーザーのコメントを紹介しており、それによると、「超キモッ!」「テロリストだろ」「好きなら自分で飼えよ」などのコメントが寄せられたという。

また、このニュースが大きく報じられた中国のネットユーザーからは、「ヘンタイ!」「日本人って…」「自分で“えさ”を買えばいいだろうに」「バカに国境はない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)