メジャー初日を好位置で終えた宮里美香(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米女子オープン 初日◇7日◇コードベールゴルフクラブ(6,752ヤード・パー72)>
 日本代表2番手争いを演じる3選手によるリオ五輪行きをかけた第1ラウンドは世界ランク45位の宮里美香が一歩抜け出した。この日は3バーディ・2ボギーの“71”で回り、1アンダーの23位タイと上々のスタートを切った。世界ランク42位の大山志保は4オーバーの108位タイ、渡邉彩香は2オーバーの67位タイで終えている。
開幕前にリラックスした表情を見せる宮里美香
 「ショットの調子が良い感じでいつも以上にパーオンした」とショットは好調。しかし、スコアに結び付いたのはパッティングだった。
 大きなグリーンはロングパットが残る場面も多く「上手くパットでしのいだ。ロングパットを2パットでおさめたのがこのスコアにつながったと思う」。3パットのボギーも3番のパー5で喫したが、力の入るメジャーの初戦を「雑念なくできたほうだと思う」と静かに滑り出した。
 リオ五輪争いはまずは頭の外に置いてプレーに集中するスタンスは残り3日間も変わらない。「明日の午後はグリーンがもっと硬くなりそう。高いショットが必要になると思います。パー5が良くないので、バーディを獲りたい」と好スタートにも気持ちを引き締めた。
【初日の順位】
1位:ミリム・リー(-8)
2位T:ミンジー・リー(-5)
2位T:クリスティ・カー(-5)
2位T:エイミー・ヤン(-5)
5位T:ケリー・タン(-4)
5位T:ブリタニー・ラング(-4)
5位T:アンナ・ノルドクビスト(-4)
11位T:野村敏京(-2)
23位T:原江里菜(-1)
23位T:宮里美香(-1)
23位T:横峯さくら(-1)
67位T:佐藤絵美(+2)
67位T:渡邉彩香(+2)
89位T:堀琴音(+3)
106位T:大山志保(+4)
106位T:イ・ボミ(+4)
125位T:松森彩夏(+6)
156位:澤田知佳(+13)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第19回】