2日目は苦しい79 復帰戦を12オーバーで終えた石川遼(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇8日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>
 国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」の2日目。今大会で腰痛による長期欠場から復帰した石川遼は5オーバーの114位タイからスタートすると、ノーバーディ・3ボギー・2ダブルボギーの“79”でスコアを7つ落とし、トータル12オーバーでフィニッシュ。予選落ちが確定的となっている。
石川遼が投入した新ドライバーとは?
 7時50分にOUTコースからスタートすると1番でボギーが先行。4番でボギー、8番はダブルボギーと前半で4つスコアを落とすと、後半の13番もボギー。さらに16番は2つ目のダブルボギーを叩いてフィニッシュ。プレー自体はできるようになっているものの、ブランクはやはりぬぐえなかった。
 午前組では片岡大育がスコアを伸ばしトータル7アンダー2位、2週連続優勝を狙う谷原秀人がトータル6アンダー3位に浮上している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>