富士山のふもとで映画フェス「湖畔の映画祭」開催 - 星空と大自然の下でキャンプやバーベキューも

写真拡大

富士山の麓で映画を見る「湖畔の映画祭」が山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場にて開催される。期間は2016年8月5日(金)から8月7日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

大自然と星空の下で映画を見る「湖畔の映画祭」では、個性的な日本のインディペンデント映画が30本以上も上映されるほか、映画監督や出演者たちのトークイベントも行われる予定だ。上映作品は、カンヌ国際映画祭で注目を浴びた新世代の監督、深田晃司の作品や、「踊る大捜査線」シリーズで知られる本広克之らによる「Anniversary アニバーサリー」などがある。

本イベントはアウトドアフェスでもあるので、テントやバンガローでの滞在やバーベキューも魅力の一つ。ほかにも、昼間はDJによる音楽イベントが開催されるので、滞在中は朝から夜まで楽しむことができそうだ。

【イベント詳細】
「湖畔の映画祭」
開催日:2016年8月5日(金)〜8月7日(日)
会場:山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18
アクセス:
・車の場合 東京より車で2時間半 河口湖ICより40分
・電車/バスの場合 河口湖駅下車 路線バスにて60分
チケット(通し券のみ):
・一律前売り 3,500円(税込)
・当日券 4,000円(税込)
※18歳未満は当日券2,000円(税込)
※親1名につき小学生以下1名無料
購入方法:
・チケットぴあ 湖畔の映画祭(Pコード:990-504)
TEL:0570-02-9999
店頭:ぴあ店頭、サークルKサンクス、セブン-イレブン
宿泊:
・各自で予約のこと
・テントゾーンあり。キャンプ場利用料1,500円から
・公式Webサイトにて本栖湖キャンプ場バンガローの予約を先着で受付
上映作品一例:
・『恋人たち』(監督:橋口亮輔)
・『Anniversary アニバーサリー』(監督:本広克行ほか)
・『下衆の愛』(監督:内田英治)
・『黒い暴動』(監督:宇賀那健一)
・『ケンとカズ』(監督:小路紘史)
・『INNOCENT15』(監督:甲斐博和)
ほか30作品以上