3位ヒアルロン酸、2位ビタミンC「美容の為に摂っているサプリ」1位はアノ美肌成分

写真拡大

「いつまでも綺麗でいたい」と多くの女性は思っていますよね? 朝のUVケアや夜のお手入れなど、時間を惜しむことなく美容に気を遣っているのではないでしょうか。

そんな美意識が高い人が取り入れているサプリメントは何か、気になりませんか? そこで今回は、『WooRis』にて、女性500名に「美容のために重視しているサプリメントの成分」についてアンケートを実施いたしました。

そのベスト3について解説、ご紹介いたします。

 

■3位:ヒアルロン酸

アンケート調査の結果、人気第3位となった成分は、ハリとともに1gで6Lもの水分を保つことができる、素晴らしい保湿力の“ヒアルロン酸”でした。ヒアルロン酸は20歳をピークに体内から減少するため、シワ予防として美容のために人気となっているようです。

ただ、分子量の大きなヒアルロン酸は体内では吸収されにくいもの。関節内にヒアルロン酸を投与したときは、骨関節炎の治療に有効であるという根拠はあるものの、経口摂取によって、人体への有効性については信頼できるデータはないとの見解を国立健康・栄養研究所は報告しています。

また、妊婦・授乳婦が摂ることでの安全性も確立されていないので、妊婦中、授乳中は避けるようにしてくださいね。

 

■2位:ビタミンC

アンケート回答者の約3割弱(137名)の方が摂っていると答えて2位に輝いた美容サプリメントは、別名“美容ビタミン”とも呼ばれている“ビタミンC”。抗酸化力が強く、コラーゲン生成を促したり、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したりと、美容には欠かせないビタミンです。

ただ、摂り方を間違えるとせっかくの働きも十分に期待できなくなってしまいます。ビタミンCは水溶性のビタミンで、その時必要な分は体内で活用されますが、2〜3時間ほどすると不必要な分は尿と一緒に体外へ排泄されてしまいます。

1日1回よりは、こまめに2〜3回摂れるサプリを選んだり、1日1回であれば強い日差しを浴びる前後どちらか、または肌の修復がされる直前の寝る前に摂るように工夫するといいですね。

 

■1位:コラーゲン

そして、アンケート回答者の約4割の人(183名)が愛用している美容サプリメント堂々の1位は、“コラーゲン”でした。

肌の真皮層にはコラーゲンがあり、肌の弾力性を作ってくれているもとです。特に加齢とともに減るコラーゲンは、体を構成するタンパク質の30%を占め、そのうちの4割が皮膚に存在しています。だからこそ長年コラーゲンは美容成分として人気なのでしょうか。

しかし、コラーゲンは分子量が大きく現時点での科学的知見では、コラーゲンを摂取しても、人の体で有効という信頼できるデータはまだ十分に見つかっていません。

では、低分子にすればいいのでしょうか? 確かに低分子にすれば“吸収されやすい”のですが、吸収されたものが体内でコラーゲン合成に利用されるかは、やはり、十分な根拠が揃っていないのが現状です。

 

■ランク外でも賢い働きをする美容サプリ

ベスト3に入らなかったものでも、賢く美容のために摂っているサプリも幾つかありました。その1つに“鉄”があります。成人女性の4人に1人は鉄分が不足している貧血の疑いがあると言われています。

体内に鉄分が少ないと、酸素や栄養分が体に届かず代謝が落ちたり、血行不良となり冷えや顔色が悪くなったりと、美容にNGなことばかり。鉄分の補給をして美容を保つのは賢い選択の1つです!

また、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂っている人もいました。これも美容のみならず、健康な体を維持するのに良い成分。体の免疫機能は7割も腸が担っています。腸内環境を整えることで体に不要な老廃物が排出され、代謝が上がったり、肌荒れが改善されたり、嬉しい働きが期待できます。

腸内環境が悪かったり、体に十分な酸素や栄養分がなかったりすれば、今回1位になったコラーゲンやビタミンCを摂っていても、肌への効果は期待薄となってしまいます。まずは、ベースとなる体づくりを見直すのも美への近道ですね。

 

いかがでしたか? 今回は皆さんが愛用している美容サプリメントの成分についてご紹介致しました。キレイな外見は、内側のキレイさがあってこそ。美容液だけに頼るのではなく、食べる美容も重要な役割をしてくれます。

普段の食事から摂ることが1番ですが、難しいときにはサプリメントも活用してみてくださいね。手軽に摂れるからこそ、摂り方は使用法をしっかりと守りましょう!

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 大腸がん予防に!栄養士が教える効果的な「昆布だし」のとり方

 日常的な体調不良で「薬物依存を高めてしまう」常備薬3つ

※ 美容師が泣いちゃう!「せっかくの美髪が台無しになる」NGホームケア3つ

 

【姉妹サイト】

エッ…バナナも!? 働き女子の「便秘の原因」となる意外な食品5つ

※ ダレノガレ明美に中村アン、ローラ…人気モデルのダイエット方法まとめ

 

【画像】

※ ucchie79 / PIXTA(ピクスタ)