世界王者を完封したロリス「ロッカールームで喜びを爆発させた」

写真拡大

▽フランス代表のGKウーゴ・ロリスが、7日に行われたユーロ2016準決勝のドイツ代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。

▽開催国のフランスは決勝進出をかけてドイツとベスト4で対戦。前半終了間際にアントワーヌ・グリーズマンのPK弾で先制すると、72分にもグリーズマンが追加点を奪い、2-0で勝利。フランスがポルトガルの待つ決勝へと駒を進めた。

▽フル出場を果たし、ドイツの攻撃を無失点で切り抜けた守護神のロリスは、世界王者であるドイツに勝利したことでより一層の自信を手にしたようだ。

「とても激しい戦いだったね。でも僕らはチームとして立ち向かい、勝利を手にすることができた。この勝利は誇りに思ってい良いものだ。誰もが責任感を持ってプレーしていたからね」

「ドイツは世界王者であり偉大な相手だ。だからこそみんなは勝利した後のロッカールームで喜びを爆発させた」