落合陽一ら、CHAグランプリ受賞者に訊く「ハックの技法」 #CHA2016

写真拡大

『WIRED』日本版が主催する、次世代クリエイターのためのアワード「CREATIVE HACK AWARD」。6月末に、このアワードの過去のグランプリ受賞者たちを招き、第1回のオープンセミナーが開催された。それぞれ違う肩書をもつ3人は、いかに「既成概念をハック」したのだろうか。

「落合陽一ら、CHAグランプリ受賞者に訊く「ハックの技法」 #CHA2016」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。本年度のオープンセミナーは、7月下旬に開催予定!

「既成概念をハックせよ」を命題においたクリエイティヴアワード「CREATIVE HACK AWARD」(CHA)では、今年も作品の募集をスタートしている。

しかし、「いままでのあたりまえを壊す」ことは、思った以上の困難を伴う。そこで『WIRED』日本版ではこの困難なテーマをかみ砕くべく「ハックのプロたち」を招いたオープンセミナーを開催してきた。

6月末に行われた第1回の登壇者は、過去に「当たり前」のハックを成功させてきた者たち、すなわち歴代のグランプリ受賞者たちだ。山田智和(映像作家)、山岡潤一(研究者/アーティスト)、そして落合陽一(研究者/メディアアーティスト)の3人に、既成概念をハックする技法、そしてCHAグランプリ受賞のその後を訊いた。

街と街の隙間から想像する

「CHAの受賞のおかげで、名刺代わりになるものが増えた」と話すのは、映像作品「47 Seconds」で初代グランプリ受賞者となった映像作家、山田智和だ。

「それまでは“自称”映像監督という感じで、仕事といっても、ヴィデオコンテという、実際にCMを制作する前につくるテスト版のディレクションが多かったんです。でも、CHAを受賞したあとは、『この人はグランプリをとっている』ということで、話を聞いてくれる方が増えました。いままで編集を任されていたのが、監督を任せてもらえるようになったという変化もありましたね」

_MG_0469

山田智和 | TOMOKAZU YAMADA
1987年東京都生まれ。映像作家・映画監督。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。クリエイティヴチーム「Tokyo Film」を主宰。映画、 MV、TVCMを中心にディレクションを行う。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした表現が特色。CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞、ニューヨークフェスティバル2014銀賞受賞、GR Short Movie Awardグランプリ受賞。tomokazuyamada.com

グランプリ受賞後、水曜日のカンパネラやサカナクションのMVを制作するなど、映像制作を舞台に大きな活躍を見せている山田。しかし、都市とファンタジーを重ねる彼の作風は、「47 Seconds」の頃から変わっていない。

「東京という街がテーマで、『街と街の隙間から想像されるもの』が出発点となっています。47 Secondsを制作した当時は、監視カメラが問題となっていました。そこから、いろんなところから見られているという、マルチアングルをテーマにできないかと思いついたんです。

場所は、なくなってしまう場所や、創造の余地がある場所を選んでいます。再開発が進むにつれて街がきれいになっていって、渋谷も新宿の裏のような、ちょっと心がざわつく場所がどんどんなくなっている。そこに対する問題意識も、ロケーションを選ぶときに大切にしています」

マテリアルハック

_MG_0422

山岡潤一|JUNICHI YAMAOKA
1988年生まれ。研究者/アーティスト。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)。 手作業などの創造活動を支援するファブリケーションツールの開発や、ヴァーチャルリアリティなどにかんする研究に従事。CREATIVE HACK AWARD 2014 グランプリ受賞 、TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARD 2014 デザイン部門準グランプリなど。junichiyamaoka.net

CHA 2014のグランプリを受賞したのは研究者・山岡潤一だ。「ヴァーチャルな存在をいかにして現実世界で表現するか」という実験から生まれた「Morphing Cube」は、コンピューターグラフィックスのキューブを、ゴムやテグスを使って現実世界で再現した作品。CHA審査員のひとりである齋藤精一がメディアアートディレクターを務めた「六本木アートナイト2015」でも展示された。

「動いていないときのぷるぷるした状態が好きなんです。(あの状態をCGで再現するべく)コンピューターで計算すると時間がかかる。物理世界は解像度が高いので」(落合陽一)

「マテリアルハック」を大きなテーマに掲げ、ファブリケーションを研究している山岡。これまでに、手作業と機械による作業を組み合わせて自動筆記ができる描画支援システム「dePENd」や、3Dプリンタと立体映像を掛け合わせたツール「Mirage Printer」などを考案している。

最近ではヴァキュームフォームという造形法を使った、超高速かつやり直しができる3Dプリンタを開発中だ。

「人間の解像度」をハックする

_MG_0429

落合陽一︱YOICHI OCHIAI
1987年東京都生まれ。メディアアーティスト/研究者。東京大学大学院学際情報学博士課程修了。筑波大学大学院助教。デジタルネイチャー研究室主宰。ものを動かす概念を変え、現実世界の書き換えをするべく光、電場、空気場、音、磁場、電波、超伝導といった「場」のコントロールを研究領域としている。
96ochiai.ws

メディアアーティストの落合陽一は「Fairy Lights in Femtoseconds」でCHA 2015のグランプリを受賞した。これは、フェムト秒の単位(ここでは1,000兆分の3秒)でプラズマを発火させ、空中に浮かせる「触覚ある映像」を生み出すメディア装置だ。

落合がハックしているのは「人間の解像度」だと言う。

「人間の視覚や聴覚といったものは、解像度で規定されています。視覚でいうと4K、8Kくらいの解像度、聴覚は22.1kHzぐらい。そこの段階にはわれわれの計算機はとっくに追いついているのですが、視覚の方はまだまだ上げられると思うんです。

その解像度と強度を上げること、そして三次元分布をどうつくるかというのが、ぼくの博士課程からの野望でした。音を見た目で感じられるように計算したり、プラズマをつかって光に触れられるようにしたり、というような。われわれがオーディオヴィジュアルで、映像の世界でもっていたものを、違うメディア装置にできるかが、近ごろのハックのポイントかなと思っています。最近は電波や超電導といったものにも興味がありますね」

視察で感じた、制作・研究環境の差

CHAのグランプリおよび準グランプリ受賞者には、毎年副賞として「CREATIVE HACK TOUR」が贈られている。

パインウッド・イスカンダル・マレーシア・スタジオを視察した山岡は、その規模感が印象的だったと話す。「とにかく規模が大きいという印象です。セットをつくるときも、街を丸ごとつくってしまう。自分もファブリケーションの研究をしているので、そういうスケールの大きいものをどうつくるかが見られてよかったです」

LAのクリエイティヴスタジオを訪問した山田は、日米の労働環境の差に驚いた。「LAは労働環境がよく、クリエイターに対するホスピタリティも高かったんです。アニメーターでも、1,000万円プレイヤーで、土日休みで。モノづくりの環境が整っているなと感じました」

落合も、同じく映像制作スタジオであるロンドンのDouble Negativeを訪れている。「Double Negativeには、物理学者キップ・ソーンの数式がわかるような人がいて、(映画『インターステラー』における)ブラックホールの映像を演出していました。難しいことをわかる人が、難しいことをわかるだけの給金をもらっているというのが、非常に健康的だと思いました」

RELATED

国立大学をハックする?

海外と比較すると、まだまだ制作環境や研究環境が整っていないように思える日本。予算などの制約も多いなかで、3人はどのようにハックを続けているのだろうか。

「はじめは予算の範囲で何か面白いことができないかを考えました。そういう意味でも、マテリアルハックはいいなと思ったんです。高価な機材や設備がなくても、以外に素材の特性をみて面白い使い方があるので」と、山岡。

筑波大学大学院で教壇に立つ落合は、クラウドファンディングによる研究助成をはじめた。「研究者がもらえる研究費と同じくらいの金額を一般から集める方法を、かつ国立大学をハックする方法を考えたんです。国立大は国の研究機関なので、法律との兼ね合いがあるのですが、税法は意外とハックできました。ふるさと納税と同じ仕組みで控除が受けられるんです」

山田は、大きいお金を使って何かをしたいと思う人がいるのかどうかが重要なのだと話す。

「いま日本の制作の予算は下がっているんですが、1億円使って映像を撮りたいという人がいれば、必然的に解決するのかな、と思います。大きい予算を、自分のやりたいことに直結させられるような人間になれるかというところです」

作品のみならず、それをつくりあげるプロセスもまるごとハックしてしまおう、という気概があるからこそ、彼らは次々と既成概念を覆すことができるのかもしれない。

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。本年度のオープンセミナーは、7月下旬に開催予定!