写真提供:マイナビニュース

写真拡大

さくらインターネットは7月7日、「さくらのクラウド」の新料金プラン「割引パスポート」を同日より提供開始することを発表した。

割引パスポートを購入した場合、さくらのクラウドのサーバ利用料金が割引となり、割引率は契約する割引パスポートの有効期間(12カ月/24カ月/36カ月)に応じて高くなるという。

36カ月の割引パスポート有効期間はサーバ利用料金が50%引きとなり、割引パスポート購入金額と合わせても、36カ月間の総額が最大20%引きになるとしている。

割引パスポート1個につき、クラウドサーバ1台に割引が適用され、割引パスポート購入の際は、対象サーバプランから1つ選択する。

なお、割り引きの対象は特定のサーバに固定されず、同じプランのサーバを複数台契約している場合は、サーバ利用料金の毎月の請求額が高い順に自動で適用されるという。

また、割引パスポートは、すでに契約済のサーバに対しても適用され、利用者自身での設定変更は不要だという。