2ゴールを奪いフランスを決勝に導いたグリーズマン「夢の続きを見ることができる」

写真拡大

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ユーロ2016準決勝のドイツ代表戦で2ゴールを奪いマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが同選手のインタビューを伝えている。

▽グリーズマンは7日に行われたドイツ戦の前半終了間際にPKから先制点を奪取。さらに72分にも追加点を奪い、2-0の勝利に大きく貢献した。

▽試合後にインタビューに応じたグリーズマンは決勝進出に喜びを明かした。

「とても幸せな日だったよ。これで10日の決勝に進むことができ、夢の続きを見ることができる。ただ、地に足を付けて決勝に臨まなければいけないね。その前に、今日の勝利の余韻に浸りたいと思う。そして明日からは決勝に向けて準備しよう」

▽またグリーズマンは試合についても言及。GKマヌエル・ノイアーがパンチングで弾いたボールを押し込んだ2点目について詳しく語った。

「PKからだったけれど先制点を奪うことができて嬉しかった。そして2点目は、GKが処理をミスしたときのことを考えてポジションを取っていた。狙った通りにボールが足元へと転がってきたから嬉しかったね」

▽最後にグリーズマンは、ユーロ2016制覇を誓っている。

「決勝までたどり着けたのはみんなの頑張りがあったからだよ。トロフィーを獲得したいと思っている。この状況にフランス国民が歓喜してくれていることを嬉しく思うよ。まだ最後の試合が残っている。難しい試合になるけれど、優勝して終えたい」