スマホなどモバイル機器メーカーのノウハウを凝縮

写真拡大

スマートフォンおよびタブレットなどを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、タブレットパソコン(PC)「MateBook(メイトブック)」を2016年7月15日に発売する。

CPUやメモリー・ストレージで選べる3モデル・4ラインアップ

タブレットとPC両方のスタイルで使える「2in1」タイプ。重さ約640グラム、厚さ6.9ミリの極薄・軽量ボディながら衝撃に強い高品質アルミニウムボディ。無駄な装飾を極力抑え、周辺部分にダイヤモンドカット加工を施すなど、シンプルながら高級感のある、上下・左右対称のシンメトリーデザインを採用。

ベゼル幅1センチの狭額縁12型(2160×1440ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。「Dolby Audio Premium」を搭載し、パワフルで美しいサウンド再生が可能だ。OSは「Windows 10 Home」(64bit)。

プロセッサー「Core m3-6Y30」、メモリー4GB、ストレージが128GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)搭載、EC(電子商取引)サイト専用「M3モデル」の市場想定価格は6万9800円(以下全て税別)。カラーはグレー。

「M5モデル」はプロセッサー「Core m5-6Y54」、メモリー4GB、ストレージ128GB SSD搭載モデルが9万8800円。メモリー8GB・ストレージ256GB SSD搭載モデルが10万9800円。カラーはゴールド、グレーの2色。

プロセッサー「Core m7-6Y75」搭載予定の「M7モデル」は8月以降に発売予定。