心配されることすら迷惑な場合も

写真拡大

どうして分かってくれないの?
泣きながら東京行きを宣言した妻

「来週、東京に行ってくるからね」

 ある夜、香織さん(仮名・40歳)は、テレビのニュース番組に見入っている夫・雅樹さん(仮名・41歳)に宣言した。ちなみに彼らは札幌市在住だ。

「えっどうして?」

「病院に行くの」

「…どこか具合悪いの?」

 わざわざ東京の病院に行くなんて、ただごとじゃないと、雅樹さんは不安そうに尋ねた。

「頭痛よ。名医に診てもらうことにしたの」

 不機嫌そうに答える香織さん。

「なんだ、頭痛か。びっくりさせないでよ」

「なんだって何よ! 私がずっと苦しんでいること知ってるでしょ!」

「知ってるけどさ、わざわざ東京に行かなくてもいいじゃない。北海道だっていい先生はいるだろ。たかが…」

「たかが頭痛だって言うの? あなたいつもそう。私がどんなに苦しんでいるか、全然分かってくれないのね!」

 一気に怒りを爆発させると、香織さんは泣きながら寝室に引っ込んでしまった。取りつく島もない。雅樹さんはぽつんとリビングに取り残された。

 一方香織さんは気が納まらない。涙をポロポロこぼしながら、カッカしている。

 実は、雅樹さんの反応は予想通りだった。「頭痛ごときで仕事を休み、家庭を放って、何万円もかけて東京の病院に行くなんて」賛成しないだろうことは分かっていたのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)