7日、北京商報によると、中国車両大手の中国中車がシンガポールに輸出した地下鉄車両の一部に欠陥が見つかり、修理のため返還されたことが分かった。写真はシンガポール地下鉄。

写真拡大

2016年7月7日、北京商報によると、中国車両大手の中国中車がシンガポールに輸出した地下鉄車両の一部に欠陥が見つかり、修理のため返還されたことが分かった。

問題の車両は、中国中車の子会社・青島四方機車で製造された計35両。海外メディアによると、車体の一部に亀裂が見つかったという。中国中車は返還の事実を認め「非常に残念だ。一部の車両に欠陥は見つかったが、安全面でのリスクはない。返還された車両は現在修理中だ」と表明した。

中国中車によると、亀裂の原因は車体に使われたアルミ合金など原料の質にあるとみられる。「安全面でのリスクはなく、安全運行に支障はない」としているが、シンガポール側から送り返されてきたため修理中という。(翻訳・編集/大宮)