7日、中国紙・環球時報は、外国の学者がチベットの発展の大きさに驚いていると伝えた。写真はラサ。

写真拡大

2016年7月7日、中国紙・環球時報は、外国の学者がチベットの発展の大きさに驚いていると伝えた。

7、8日にチベット自治区のラサ市で行われる「2016中国チベット発展フォーラム」には、30の国と地域の60人以上の外国人を含む、130人余りの専門家が出席する。フォーラムに先立ち、出席者らはラサ市や山南市を視察した。

エジプトのミニア大学語言学院中国語科の金皓天(ジン・ハオティエン)教授は、「チベットの人々の生活状況は良い。チベット語を話すので直接コミュニケーションはできないが、伸び伸びと生活していることが見て取れる」と話した。また、「チベット文化は保護されている。特に、歴史遺産の保存状態は素晴らしい。政府がチベット文化の保護を重視しているからだ」と語った。

エクアドルの法律専門家で、北京語言大学のラテンアメリカ語言文化センターの副主任を務めるサペダ教授は、「チベットと同じ標高の高い国の出身者なので、青蔵鉄道のインフラ整備がどれだけ大変かわかる。私たちはチベットの人々の生活がますます良くなっているのを目の当たりにし、中国政府のチベット発展に対する意欲を感じた」と語った。また、3度目のチベット訪問となるフランスの女性作家Bresslerさんは、2007年に初めて訪れた時と比べて近代的になったとし、「チベットの人々も彼らの夢を実現できる」と話した。

チベットの人権問題がたびたび海外のメディアに取りざたされることについて、サペダ教授は「私には理解できない。少なくとも私が見た限りでは、チベット族の人々は伝統的な民族衣装を身に付けて寺を参拝していた。チベットだけでなく、中国のほかの地域でも自由に宗教を信仰できている」と語り、Bresslerさんは「チベットにはより多くの寺院ができているが、世界は往々にして西側の視点にしか注目しない」と話しているという。(翻訳・編集/北田)