列車で爆発  24人負傷  計画的犯行か/台湾

写真拡大

(台北 8日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の松山駅(台北市)で7日午後10時ごろ、ホームに入ろうとしていた列車内で爆発が発生し、乗客など24人が負傷した。

爆発のあった車両の座席から長さ15〜20センチの爆竹が見つかった。乗客の一人は、40歳前後の男性が細長いものを車内に置いた後、すぐ姿を消したのを目撃したと証言している。

警察は、監視カメラの映像を確認するなどして爆発の原因を調べているが、計画的犯行の可能性を排除しないとしている。

(游凱翔/編集:羅友辰)