6日、韓国の警察が、地下鉄の妊産婦優先席に座った男性らの姿を隠し撮りし、画像共有アプリ・インスタグラムに掲載したアカウント名「オメガパッチ」に対する捜査に乗り出した。写真はソウルの地下鉄。

写真拡大

2016年7月6日、韓国・国民日報などによると、韓国の警察が、地下鉄の妊産婦優先席に座った男性らの姿を隠し撮りし、画像共有アプリ・インスタグラムに掲載したアカウント名「オメガパッチ」に対する捜査に乗り出した。

警察庁によると、オメガパッチが掲載した写真により名誉を傷つけられたとの男性らからの訴えが3日から数件あったことを受け、最初の告訴人の居住地を管轄するソウル広津警察署が責任捜査官署として捜査を始めた。

オメガパッチはSNSで「地下鉄の妊産婦優先席に堂々と座る男たち」に関する情報提供を呼び掛け、そのインスタグラムには5日までに230件ほどの告発写真が掲載されていた。オメガパッチのフォロワーは4000人を超えていたというが、現在、このアカウントは削除されている。警察関係者は「まずはオメガパッチのアカウントを運営していた人物の特定を進める」としている。

これについて、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「もうこうなったら、男性専用車両と女性専用車両を別々に設けよう」
「男性専用車両を作って、男同士仲良く列車に乗りたいな」
「女は怖いね。男性専用車両を作って」

「物騒な世の中だ。男は撮られないように気を付けないとね」
「なぜあえてその席に座っちゃうのかな…」
「図書館みたいに、男性用、女性用、共用の3つに分ければいい。でも図書館の共用室にはいつも男しかいない。男性用閲覧室はガラ空きなのに」

「今までトイレの隠し撮りとかには目をつぶってたくせに、突然動き出したのはなぜ?」
「妊産婦やお年寄り、体の不自由な人を守るのは正しいこと」
「画像を投稿した人たちはただ妊婦さんの安産を願ってただけなのに、名誉毀損だなんて」(翻訳・編集/吉金)