水辺の映画祭に屋形船。3連休は天王洲で非日常体験を

写真拡大 (全4枚)

きたる海の日の3連休。連休が楽しみになるようなイベントが、連休前日の7月15日から18日まで東京・天王洲にて開催されます。この4日間は、天王洲エリアが海辺のカーニバルタウンに大変身。題して「天王洲キャナル夏フェス」とよばれるこのフェスは、夏のお祭り気分をいっぱいに、人と海、自然とのつながりを感じながら、大人から子どもまでだれもが楽しめるイベントとなっています。
今回は、毎年GWに開催される「逗子海岸映画祭」でおなじみのCINEMA CARAVANによる空間演出に注目。運河に面したビルが巨大スクリーンとなる水辺の映画館が出現したり、運河に屋形船が浮かんだり、辺り一帯は非日常空間に彩られます。

多彩なフードコートやマルシェも魅力のひとつ。屋形船の上から映画鑑賞を楽しむこともできるというので、そんな初めての体験には大人でも思わずわくわくしてしまいそうです。
海や自然の必要性、生物多様性など、次の世代に受け継ぎたい知識を東京海洋大学の先生たちやアーティストと一緒に親子でわかりやすく学ぶ「こども大学」も開催。ひとりで参加するのはもちろん、友達や家族を誘ってでかけてもいろいろな楽しみや発見がありそう。
夜風に吹かれながら水辺で過ごす夏の夜は、きっと思い出に残る夕涼みになると思います。

[天王洲キャナル夏Fes]
top-image by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。