あなたのまわりに、いつもハッピーに見える人っていませんか? いったいそういう人はなぜ、いつもハッピーでいられるのでしょうか? いつもハッピーに見える人にはいくつかの共通点があることに気づきましたので、参考になさってみてくださいね。

1. 逆境に強いこと

なにかトラブルやピンチなことに遭遇したときの対処が、とにかく早いということです。
ラチのあかないことでいつまでもくよくよせずに、冷静にものごとを整理して解決するという思考に切りかえることが困難を乗りこえる術です。その時間は短ければ短いほど、コトも大きくならずに済みます。
そうやって逆境を乗りこえていくことで自信となって、さらに逆境に強くなるという好循環がおこります。

2. 笑いとばせる余裕をもつこと

なにかトラブルに遭遇したときやなにか指摘を受けたさいに、笑いとばせる人というのは、やはり強いです。不思議なもので「笑う門には福来る」ということわざ通り、笑っている人のところには幸運が迷いこんでくるように思います。
筆者自身も「ツライときこそ笑おう」と意識するようになりましたが、そのおかげで救われていることが多いと感じます。
そもそも笑うということ自体がすごいパワーを持っているそうで、それがつくり笑いであっても、ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞が増えるそうです。いずれにせよ笑って損はありません。

3. プラス思考であること

なにか起きたときにそれをどうとらえるかということは大切ですが、同じ時間を費やすのであれば、やはりプラスにとらえたほうがハッピーです。「こんな事態になって!」と思うか、「これくらいですんでよかった!」と思うかで、感覚的にずいぶん変わってくると思いませんか?
ものごとは角度を変えてみるということが大事なのです。答えもひとつにしぼらずいくつかのパターンを用意して、いい意味で必ず自分の逃げ道を複数考えておきましょう。

4. 適当に切りあげること

ネガティブな人との話は、あるところまできたら適当に切りあげるということが大切です。結果の出ない話にいつまでも時間を費やすのは、お互いにとってプラスになりません。とことん付き合ったからといっていい結果が出るともいえないので、ほどほどにしましょう。

5. 素直であること

それなりの年齢になると自我が確立されるため、なかなか人の意見を素直にきけなくなってくるもの。しかしそんななかでも素直に受けとめている人というのは、まわりの人に愛されやすいため、困難に立ちはだかったときに手を差し伸べてもらいやすいものです。
素直である、謙虚であるというのは、結果としてあなたに幸運をもたらしてくれるでしょう。

いかがでしたか?
ハッピーなことというのは、特定の誰かだけに起こっているわけではありません。自分自身の受けとめ方や導き方によるところが大きいのです。たった一回の人生なのですから、ハッピーな時間を少しでも多く過ごせるようにしたいですね。