運動に費やす時間は、人生のたった0.69%。いますぐ走り出したくなる動画

写真拡大

人間関係に悩んだり、仕事でイライラしたり...。

あーあ、と思うことがあっても過ぎていってしまうのが時間。そう、人生は有限。まだまだ人生は続くと思っていても、いつか終わりがやってきます。だったらやっぱり時間は有意義に使いたい。

運動に費やす時間は、人生のたった0.69%

生まれてから死ぬまで、世界の平均的な日数は、25,915日。そのうち人々が運動に費やす時間はわずか180日(=4,320時間)。人生の0.69%の時間しか、運動に費やしていないことが判明しました。

これはリーボックが、世界9か国9,000人を対象に「人の平均的な人生の長さと運動についての関係」の調査を行ってわかったもの。人生のたった0.69%の時間しか運動をしていないなんて、とても少ないというのが正直な感想です。

そこで、現代人の運動時間があまりにも少ないと感じたリーボックは、「与えられた肉体を尊重しよう」をテーマにしたブランドムービー「25,915日」を公開しました。

この動画を見ると、スタイルもやり方もなんだっていい、とにかく体を思いっきり動かしたい! いますぐ走り出したい! という気持ちにさせてくれます。

まずは、1日1時間の運動を習慣づける

20160707_reebok_04.jpgリーボック(日本)では「ReebokONEアンバサダー」である現役トレーナー、インストラクターに対して、この調査結果に対するアンケートを行ったところ、

「1日1時間程度の運動を習慣づけて、一生の平均運動時間である180日(4,320時間)を1,079日(25,896時間)程度に伸ばすことが理想」

との意見が得られたそう。

1日1時間の運動と決めてしまうと、重荷になってしまいそうですが、この動画のように思いついたら走り出すスタイルなら、なんとかできそうな気もしてきます。人生は一度きり。思いっきりいきたいですね。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

[リーボック]

文/ダーシー