二度と行くか!3位店員同士でお喋り「イラつく飲食店の店員」1位は

写真拡大

「もう二度と行きたくない!」と飲食店にゲンメツする原因のひとつに、その店の接客がありますよね。

いくら料理が美味しくても、楽しみにしていた食事の席で店員に嫌味な態度をとられたら、それだけで気分は台無し。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「飲食店で店員にされると“もう行きたくない”と思う振る舞いは?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。

気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■楽しい気分がブチ壊し! 1位は「ぶすっとした返事をする」

<飲食店で店員にされると“もう行きたくない”と思う店員の振る舞いワースト5>

1位・・・ぶすっとした返事をする(31.1%)

2位・・・グラスやお皿を乱暴に置く(29.3%)

3位・・・店員同士でずっと喋っている(27.7%)

4位・・・呼んでもなかなか来ない(25.0%)

5位・・・タメ口で話してくる(23.6%)

ワースト1には、「ぶすっとした返事をする」が選ばれました。

料理をオーダーしているときや水を頼んだときなどに、仏頂面で面倒くさそうに「はい……」と返事をする店員……。

あからさまに不機嫌でやる気のない態度を見せられると、「感じ悪いな」と不快な気持ちになりますよね。

飲食店では、料理や飲み物に代金を支払いますが、それには“接客料”も含まれているはず。何に対して対価が支払われているのかを理解していない店員は、サービス業失格とも言えるでしょう。

店員たったひとりの大人気ない対応のせいで、不愉快な気持ちになるだけでなく、テーブルの雰囲気も重くなり、楽しい気分も消えてしまいます。当然のワースト1でしょう。

■怒っているの? 2位「グラスやお皿を乱暴に置く」

2位には、「グラスやお皿を乱暴に置く」がランクイン。

持ってきたグラスやお皿を「バン!」と乱暴に置く店員、よく見かけますよね。ヒドい場合だと、グラスから飲み物がポチャッとこぼれたのに、謝罪もせずにそのままにして去って行く人も……。

ただ配慮がなっていない乱暴なだけの店員もいますが、中にはあからさまにイライラしてお客に当たっている人も。

当たられたほうは不快極まりないですし、なによりも乱暴に置かれた飲み物や料理には憎悪の塊が入っているような気すらしてしまいます。また、「だまって食え!」とまるで食べ物を“与えられている”ような気分になってしまうことも。

美味しさも半減の、納得の2位と言えるでしょう。

■内輪ネタが丸聞こえ……、3位「店員同士でずっと喋っている」

3位には「店員同士でずっと喋っている」が入りました。

店員同士が和気藹々(わきあいあい)としているのは微笑ましくもありますが、「この間の休みに映画観に行ってねー」などとずっとペチャクチャ話していると、「客がいるのに目配りもせず、働いている意識がないのかな」と残念な気持ちになりますよね。

そして、単純にうるさいと感じる人もいるでしょう。

せっかく静かに食事をしたいと思っていたのに、聞きたくもない内輪ネタのお喋りは、ただの騒音に過ぎません。

また、店員を呼んでいるのにも関わらず、自分たちのお喋りに夢中になって全く気づく気配がなく、大声を張り上げなくてはならないことも。

店員に対して最低限の教育すらなっていないようでは、お店の印象はガタ落ち。「お金を払ってまた行きたい」とは、なかなか思えないでしょう。

楽しみにして行った飲食店で今回ランクインしたような不愉快なことをされると、それだけでテンションはダダ下がり。

デートや会食などでお店を選ぶ際には、自分が実際に行ったことがあり、味が良いのはもちろん、接客態度や雰囲気も気に入っているお店にするのが賢明ですね。