ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』の次世代型が、ニュルブルクリンクで「超」高速テストを開始しました。

1

リポートによれば、フルフェイス・ヘルメットを被ったドライバーが運転する次期型プロトタイプは、サーキットに出るや否や、いきなりトップギアで超高速域に達したということです。

次期型は特徴的な次世代LEDデイタイムランニングライトを持ち、『EXP10スピード6』から多くのデザインを取り入れたモデルとなるようです。

プラットフォームはポルシェ『パナメーラ』次期型に採用される「MSB」で、軽量化を図っています。

パワーユニットは新開発6リットルW12気筒ターボエンジンで、最高馬力はコンチネンタルGT史上最高の600psを発揮するとも噂され、0-100km/h加速でも過去最高の4秒に迫る数値だというリポートがあります。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーの可能性が高いようです。

(APOLLO)

史上最強のベントレー、コンチネンタルGT次期型がニュルで超高速テスト!(http://clicccar.com/2016/07/07/382993/)