映画『3月のライオン』国宝級イケメン俳優揃いでファン沸き立つ 中には拝み出す人も

写真拡大

第1弾キャストとして主人公の神木隆之介さんが起用されたことで話題になっている映画『3月のライオン』のキャスト第2弾が発表され、Twitter上では7月7日の午前中から多くのファンがツイートしており盛り上がっています。

というのも今回は中でも実写映画化が発表される遥か以前より、主人公を見守る親友の棋士・二海堂晴信の兄弟子である島田開には「絶対に俳優の佐々木蔵之介さんを!!」というファンからの熱い声そのままに起用されたからです!この発表にファンは沸き立ちました。

【関連:『3月のライオン』実写映画化及び、テレビアニメ化決定】

3月のライオン』は羽海野チカさんが描く将棋漫画で、コミックスは11巻まで既刊。将棋棋士の奨励会を中心に中学生でプロ棋士デビューした主人公・桐山零と彼を取り巻く人物たちの成長を描いた物語。プロ将棋棋士である先崎学さんが監修を務めており、現在『ヤングアニマル』(白泉社)にて連載中です。

魅力的なキャラクターが多く登場する中、島田開の人気は群を抜いて高く、強さと優しさを秘めた若手棋士のお兄さん的存在。棋士の中でも強豪の集まるA級に在位している八段であり8巻では棋匠戦にて棋匠・柳原朔太郎に挑戦したほどの実力の持ち主。

他にも同じくA級棋士であり主人公の義理の姉の恋人・後藤正宗役に伊藤英明さん、天才棋士で名人の宗谷冬司役には加瀬亮さん、さらに主人公の義理の父親で棋士の幸田柾近役に豊川悦司さんという日本が誇る国宝級イケメン俳優たちが名を連ねており、名作になる予感しかしません。ネットにはこのキャストに拝んで涙したという人も……。

映画『3月のライオン』は2017年春に【前編】と【後編】2部作で全国ロードショー予定。公開が待ち遠しいですねぇ。

(文:大路実歩子)