出産予定日を来年1月に控えた鈴木亜美

写真拡大

「20代の頃はセレブ婚とかに憧れたこともありましたけど(笑い)。でもまさか一般のかたとデキちゃった結婚するなんて思ってもいませんでした!」

 そう語るのは、鈴木亜美(34才)。お相手は7才年下、身長182cmの会社員だ。婚姻届を出したのは、記念すべきデビュー18周年を迎えた7月1日。彼との出会い、プロポーズ、妊娠発覚の瞬間──そのすべてを語った。

 出会ったのは2015年末。場所は旅行先のシンガポールだった。ホテルのバーで飲んでいたところ、彼から声をかけられた。

「日本人ですか? って。私のことは全然知らなかったんです。私は女友達と、彼は男友達と来ていたのですが、彼の方から“ここでお別れというのも寂しいから、おつきあいしてくれますか”と告白されました。そのまま、帰国直後に年越しやお正月も一緒に過ごして…」

 彼は出会ったときはまだ26才。それでも交際当初から結婚を意識するほど関係はしっくりきた。

「私は割と恋愛体質だったんですけど(笑い)、この1〜2年はリセット期間というかしばらく恋はいらないなと思っていたんです。でもそろそろ前向きになりたいな…という時、彼に出会ったんです。しかも彼から積極的にアプローチされて。今までは意外と自分からいくことが多かったので新鮮でした。彼は年下と思えないほどしっかりしているし、5才の時から高校までずっと剣道をしていたからか芯があって、子供っぽい私にはピッタリでした」

 デビューから18年、有名人との熱愛で逆風が吹いたこともある。事務所とのトラブルで休業に追い込まれるなど試練もあった。

「事務所とトラブルになったのはデビュー2年目の時。いちばんつらかった。でもその時に“家族だけは裏切らない”と実感しました。結婚願望はなかったけど、もしするなら…という理想の家族像はありました。ただ、相手は、芸能人はもういいやっていうのもあった(笑い)。もともと、ごく普通の家庭の生まれだし、そういう普通の家庭を築ける人と出会いたいな、でも無理かな、と思っていたんです。だから彼とのご縁は奇跡ですね」

 4月末に同居をスタートさせ、5月に妊娠がわかった。

「もともと生理不順だったんですけど、なんだかその時だけは“妊娠したかも”と直感があったんです。彼に言ったら妊娠検査薬を買ってきてくれました。嬉しくてすぐにふたりで病院に行きましたが、あまりに早すぎて、まだ妊娠が確認できないくらいのフライング。待つ1週間がすごく長かったですね」

 プロポーズの言葉を尋ねると、「つきあった当初からいつも言われてたので」とのろけながら、妊娠発覚後に改めて受けた言葉を教えてくれた。

「“今から言う3つのことに全部『うん』と答えてくれたら、絶対に死ぬ気で亜美と子供を守るから”と言ってくれました。細かいことは秘密ですけど、“これから何人子供が生まれるかわからないけど、その子供をめいっぱい愛せる?”というような、体育会系の家訓のような内容です(笑い)」

 今の興味は離乳食。フードアナリストの資格を生かし、こだわりのメニューを開発したいと言う。

「料理は大好きですごく真剣に取り組んできたんです。今から離乳食の試食を作っちゃう勢いです」

 出産予定日は来年1月。目下の悩みは立ち会い出産。

「彼は立ち会いたいと言っていますが、“痛そうな姿を見て耐えられるかなぁ”って。なので、外で待っているように言いました(笑い)」

 話しながら、そっとお腹に手を当てる顔は、すっかり“母の顔”だった。

※女性セブン2016年7月21日号