中国の抗日テーマパークのひとつ(撮影/西谷格)

写真拡大

 戦後71年目の夏を前にして、再び中国と韓国の「抗日」、「反日」が目立ってきた。中には同胞からも、「やり過ぎだ」と指摘されるケースもある。

 中国では、国策で作られた抗日テーマパークがある。北京の南西の山西省武郷県には、日中戦争で活躍した共産党軍・八路軍を題材にしたテーマパークが集結している。その1つ『遊撃戦体験園』では、サバイバルゲームが楽しめる。

「客が八路軍兵と日本兵に分かれて戦うが、特にルールもなく、20分めちゃくちゃに撃ち合うだけ。それなのに“八路軍の勝利!”と宣言された。理由を聞いたら“声が大きかったから”だそうです」(訪問したジャーナリストの西谷格氏)

 実は今、中国では共産党にまつわる史跡めぐりが人気を集めている。抗日テーマパークもそのスポットの1つだ。西谷氏がいう。

「同園の野外演劇『太行遊撃隊』という舞台では、村の結婚式に遭遇した日本軍将校が新婦をレイプしようとします。ところが、下剤を飲まされ、漏らしながら八路軍に退治されました。出演者の若い男性俳優に、“劇に出ていたら日本を嫌いになるでしょ?”と聞いたら、“そんなことない”と淡々と答えた。若者は冷静なのかもしれません」

 ステレオタイプの抗日は、中国の国家のイメージ戦略の1つなのだろう。もはや笑うしかない。

※週刊ポスト2016年7月15日号