シャープ、台湾携帯市場に再進出  鴻海グループが復活後押し/台湾

写真拡大

(台北 7日 中央社)シャープを買収する鴻海(ホンハイ)精密工業グループ傘下の康法科技は6日、シャープのスマートフォン「AQUOS P1」を15日から台湾で販売すると発表した。同社の携帯電話が台湾で販売されるのは約4年ぶりで、今年末までに合わせて4〜5機種が発売される見通し。

康法科技の葉順発総経理(社長)は、メディアの取材に対し、シャープは今年海外の携帯市場を積極的に開拓していくと強調。台湾に続き、タイ、シンガポール、マレーシアなどの東南アジア市場でも販売すると語った。

一方、シャープが5月から日本で販売しているモバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」の台湾での発売日は、今のところ未定だという。

(呉家豪/編集:杉野浩司)