『二ツ星の料理人』 Artwork(C)2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

【独女のお勧め】テーマ:夏を一緒に過ごしたいホットなイケメン(後編)
(…前編「ホットなイケメンの極上ボディと超絶ダンスが堪能できるのは…?」より続く)

●独女が最も気をつけるべきなのはこのタイプ!

米・仏・独・伊のイケメンを一挙に味わう!
『二ツ星の料理人』
 身も心もつかまれたあとに残されたものといえば、あとひとつ。いまや、胃袋をつかまれるのは男子だけでなく、女子も同じことですよね? かっこよくて料理もできる男子はまさに理想の彼氏といえますが、現在公開中の『二ツ星の料理人』では米・仏・独・伊のイケメンを一挙に味わえると注目の1本。ブラッドリー・クーパー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール、リッカルド・スカマルチョが大集合し、目にも美味しい光景は女子にとっては三ツ星間違いなし! 
 そんな料理男子たちが絶品のフルコースを作って食べさせてくれたなら、今年はどんな暑さも乗り切れる気がしてしまうほど。ぜひ、五感のすべてをフル回転させて堪能してください。

涼しげな草食系男子とシンプルデート!
『(500)日のサマー』
 がっつりとした肉食系男子が続くと、ついその反動で恋しくなるのが草食系男子とのシンプルなデート。その相手としては、『(500)日のサマー』のジョゼフ・ゴードン=レヴィットをぜひご指名したいところ。
 2人で一緒に映画館に行ったあと、夏の木漏れ日が差し込む公園でお散歩するような爽やかな夏の一日で癒されるもよし、映画でも出てくるようなインテリアショップ内でのままごとデートではしゃぐもよし! ときには夏の暑さを感じさせないような涼しげなイケメンと過ごしてみるのもオススメです。

独女が最も気をつけるべき大人の男!
『教授のおかしな妄想殺人』
 そして最後は、女子なら一度は憧れる大人の男性として、現在公開中の『教授のおかしな妄想殺人』からホアキン・フェニックスをピックアップ。とはいえ、独女が最も気をつけなければならないのがこのタイプであり、どこか影があって悩ましい姿を見ると、「私にしか彼をわかってあげられない!」とついつい思いがち。一旦これにハマってしまうと厄介だけれど、妄想女子の大好物でもあるのが事実。
 そんな彼とは、外の暑さを忘れてお家デートで涼みながら、お酒を片手にかっこいい音楽を聴いたり、本を読んだりして、大人の会話を楽しみたいものです。もしくは、我々妄想族と同じく、妄想にとりつかれた彼と妄想トークに花を咲かせるのも面白いかもしれません。

以上、独女が夏を一緒に過ごしたいイケメンと出会えるオススメ映画5作品をご紹介しました。あなたはこの夏、どんなホットな男子とどんな熱い夏を過ごしたいですか?(文:志村昌美/ライター)

志村昌美(しむら・まさみ)
映画宣伝マンとして洋画や邦画の宣伝に携わったのち、ライターに転向し、現在は映画紹介やインタビューなどを中心に執筆。イタリアとイギリスへの留学経験を経て、日・英・伊・仏のマルチリンガルを目指すべく日々精進中。ハリウッドの大作よりも、ヨーロッパ系の小規模な作品の方が気になりがち。

【関連記事】
【独女のお勧め】結婚観に影響を与えるオススメ映画5選!
【ついついママ目線】ラブコメを見ててもつい気になる子どものパートナー選び『俺物語!!』
困難が待ち受けようと自分の人生は自分で選ぶ。前向きさが心に響く珠玉作
小泉今日子、美魔女とは対局にある魅力とは?