室井佑月氏が東京都知事の推薦に疑問視「東京都のことを考えて欲しい」

写真拡大

7日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、タレントの室井佑月氏が、自民党の都知事推薦に関する方針を疑問視する一幕があった。

番組では、小池百合子氏の東京都知事選挙の出馬表明を特集。小池氏は、自民党の推薦が無くても正式に出馬を表明しており、3つの公約を発表した。「利権追及チームの新設」、「都議会の冒頭解散」、「舛添要一前都知事に関する第三者委員会の新設」を掲げている。

室井氏は「(小池氏の)言ってること、すごく私なんか分かってしまうんですよね」と小池氏の意見に賛同する。

続けて、「東京都の都知事だから、東京都のことを考えて欲しい」と持論を展開し、また「他の国会議員の人たちとか、都議会の人たちって、使いやすい、自分たちが、楽な人ってことで(都知事を)選んでるって感じがしちゃう」と都民ではなく党利党略を重視しているのではないかと疑問を呈した。

また、このコメントに関して政治アナリストの伊藤惇夫氏も都議会自民党が小池氏への推薦を渋る理由として、「小池氏が都知事になったら扱いづらいというのがあると思う」と述べており、室井氏に同意している。

【関連記事】
室井佑月氏 薬物使用を疑われる不安を吐露「私シャブ中の疑いかかっちゃう」
室井佑月氏が東京都議会議員のリオ視察に苦言「エコノミーでよくない?」
室井佑月氏 オリエンタルラジオの中田敦彦を一刀両断「つまんないんだよね」