写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スクウェア・エニックスは7日、Android端末向けのRPGアプリ「ファイナルファンタジーVII」の配信を開始した。Google Playよりダウンロードでき、価格は税込1,800円。

Android版の「ファイナルファンタジーVII」は、PC向けのソフト「FINAL FANTASY VII インターナショナル for PC」を元に移植を行ったRPGアプリ。独自機能として、ワールドマップやフィールドマップでモンスターの遭遇をなくす、「エンカウントオン/オフ機能(イベントバトルは有り)」や、「ステータスMAX機能」を搭載している。バーチャルコントローラにより操作を行い、アナログ、固定デジタル(4方向)の変更が可能だ。なお、iOS版については2015年8月にすでに公開されている。

対応OSはAndroid 4.3以降。動作確認端末は、スクウェア・エニックスホームページより確認できる。アプリの容量は2GB程度で、ダウンロードの際には4GB以上の空き容量が必要となる。

「ファイナルファンタジーVII」は、世界累計出荷本数は1,100万本を突破するRPG作品。物語は、主人公「クラウド」を中心に、星の未来をかけた戦いを描いている。