インドネシアの甘辛焼そばがカップヌードルに登場。クセになる甘辛ソースが特徴「カップヌードル ミーゴレン」 (税抜180円)

写真拡大

日清食品は、「カップヌードル エスニック」シリーズから、新商品「カップヌードル ミーゴレン」(税抜180円)を7月18日(月)に発売。さらに、すでに発売し好評を得ている「カップヌードル トムヤムクンヌードル」(税抜180円)、「カップヌードル シンガポール風ラクサ」(税抜180円)の2品をリニューアルする。

累計4500万食を売り上げた「カップヌードル トムヤムクンヌードル」 (税抜180円)がパクチー感UPでリニューアル!

「カップヌードル エスニック」シリーズは、2014年4月に発売した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」が販売累計4500万食を突破したのをはじめとして、新商品が発売されるたびに注目を集める人気のシリーズとなっている。

そして今回、新商品として登場するのが、インドネシアで甘辛焼そば「カップヌードル ミーゴレン」だ。コクのある甘さをチリの辛味でピリッと引き締めた甘辛ソースが特徴で、具材にはキャベツとニンジンが入り、香ばしさとサクサクの食感が食欲をそそるフライドエシャロットを添付している。

今やエスニックヌードルNo.1の座を確固たるものにしている「カップヌードル トムヤムクンヌードル」と、「カップヌードル シンガポール風ラクサ」もリニューアル販売。エスニック料理の定番食材であるパクチーの加工工程を見直すことで、まるで生パクチーのような彩りと香りが楽しめ本格的なエスニック感を演出する。

本場のおいしさが手軽に食べられる「カップヌードル エスニック」シリーズのやみつきになる味わいはエスニック料理ファンも納得の1品。ぜひ1度お試しあれ。【東京ウォーカー】