写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズは7月7日、セキュリティ関連のクラウドサービスの「GUARDIAN セキュリティ サービス」のラインアップとして「メール無害化サービス」を今秋より提供開始することに伴い、先行評価版を無償で提供開始すると発表した。

「メール無害化サービス」は、悪意のあるコードや危険なサイトへのURLリンクを削除し、安全なメール受信を可能にするもの。ウイルスチェック、ホワイトリスト機能(無害化除外設定)、無害化機能(添付ファイルの削除、HTMLメールのテキスト化、URLリンクの除去)、元メール管理(閲覧、ダウンロード、配送、転送)を提供する。

先行評価版の申込期間は2016年7月7日から2016年9月30日まで、提供期間は2016年7月7日から2016年10月14日までとなっている。なお、先行評価版には、ホワイトリスト機能を含まない。

(辻)