台湾の外貨準備高、5カ月連続で過去最高  円高など影響

写真拡大

(台北 7日 中央社)台湾の中央銀行が5日に発表した6月末の外貨準備高は、前月比1億2000万米ドル増の4335億5200万米ドルで、5カ月連続で過去最高を更新した。

6月は下旬に英国が欧州連合(EU)離脱を決めた余波で英ポンドとユーロが下落。だが、同行が保有する外貨のうち、ポンドの比率は2%以下、ユーロも8〜9%程度で、影響は小さかった。さらに、先月は日本円が米ドルに対し大幅に上昇したため、全体では微増となった。

(邱柏勝/編集:杉野浩司)