こんがりおいしい明かり!? 本物のパンで作ったインテリアライトで寝ても覚めてもパンと一緒!

写真拡大

焼きたての香ばしいにおい、おいしそうな焼き色、カリカリ&ふわふわの食感……。パンってなんだか幸せな時間をはこんでくれますよね。そんなパンへの愛から生まれた、とってもステキなアイテムをご紹介しましょう。

それは「パンプシェード」。なんとこれ、本物のパンをランプシェードにしちゃったという驚きの一品なんです!

【「パン」+「ランプシェード」】

「パンプシェード」は、強力粉、薄力粉、イーストなどで作ったリアルパンをくりぬいて、LEDライトとボタン電池などをつけて、インテリアライトとして仕上げたもの。スイッチをつけると、焼きたてのにおいが漂ってきそうな感じに色づいて、周りをふんわりと照らしてくれます。

【クロワッサンやバゲットが照明に!】

商品には「電池タイプ」と「コンセントタイプ」があって、電池タイプには「プチブール」「クッペ」「シャンピニオン」「プチクロワッサン」と、コロンとした小さなパンたちが揃い、コンセントタイプには「ブール」「バタール」「バゲット」と、ちょっと大きめのパンたちがラインナップしています。

【神戸発「パンプシェード」】

この「パンプシェード」を作っているのは、「モリタ製パン所」の森田優希子さん。森田さんは、パン好きが高じてパンの研究を行い、2007年に初代パンプシェードを製作。芸術大学を卒業後、メーカーで企画開発・デザインをしていましたが、昨年退社。今年から神戸を拠点に、さまざまなパンプシェードを送り出しています。

【パンへの愛から誕生】

なぜ森田さんは、パンを照明にしようと思ったのか? その根底にあるのはパンへの愛。「パンの魅力を自分にしかできない方法で形にしていきたい」という思いから生まれたものなのだそう。

本物のパンを使っているので、一つひとつの形や色は微妙に変わるそうで、手作り感もとってもあったかいライトです。

ご紹介した「パンプシェード」は、電池タイプは4500円から、コンセントタイプは1万1000円から(税別)。

ウェブショップのほか、東京・渋谷LOFT、大阪のStandard book store心斎橋店・Nu茶屋町店などで販売中です。お部屋に置いておけば寝ても覚めてもパンと一緒! ってパン好きにはたまりませんっ。詳しくは「モリタ製パン所」の公式サイトを見てみてね。

参照元:モリタ製パン所、「パンプシェード」ウェブショップ
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る