吹っ切れた

写真拡大

自民党の小池百合子・元防衛相はきのう6日(2016年7月)、自民党の推薦なしでも東京都知事選に立候補する意向を表明した。推薦を先延ばしにした都連に先手を打った形で、「不本意ながらパラシュートなしの立候補となります」「しがらみがなく戦える。ある意味吹っ切れた」と語った。

推薦拒否の自民都連に挑戦状「当選したらと議会解散」

会見に「あさチャン!」の藤森祥平アナが出ていて、「党内の手続きに従って出馬する選択肢はなかったのですか」と聞くと、「ルールに従っていたら今日のこの日はなかったと思います。(離党の予定は)ございません。まったくございません」と言い切った。

さらに、「都連は改革が必要です。どこで誰がなにを決めているのか不透明で、ブラックボックスのような状態です」として、当選後の公約のトップに「都議会の冒頭解散」を掲げた。しかし、知事は不信任案可決以外では解散できない。つまり「挑戦状」だ。

龍崎孝(流通経済大教授)は「小泉純一郎元首相ゆずりの小池劇場にするために都連を挑発している」という。かつての郵政選挙の小泉劇場のことだ。内部の敵を「抵抗勢力」と攻撃し、「都政の改革を阻んでいるのは自民党都議団だという設定ですね」(龍崎)

「小池劇場」演出してブーム狙い

別の見方もある。毎日新聞の岸井成格・特別編集委員は「おそらく、小泉さん、細川(護煕元首相)さんは後押ししている。石破グループは小池さんを推している」という。2012年の総裁選で小池氏は石破茂氏を推していた。「石破さんにとっては、これがポスト安倍へのスタートになる」(岸井)

どのみち選挙は人物次第。本人に民意を惹きつけるものがないと「劇場」も何も成り立たない。