事件のポイント

写真拡大

茨城県竜ケ崎市の河原で隣の牛久市に住む進士康子さん(42)をアイスピックで刺して捨てたとして16歳の男子高校生がきのう6日(2016年7月)、死体遺棄容疑で逮捕された。進士さんの遺体はおととい数か所を刺された状態で発見され、高校生は「面識はない」と供述している。

捜査及んで怖くなり父親と出頭

現場の河原には飯村真一リポーターがいた。葦がいっぱいに茂り、「私の173センチの身長より高いぐらいで、水は流れていません」と伝える。土手にあがると、周囲は田んぼ、夜は真っ暗で、日中も人通りはほとんどない。

進士さんは近くにあった自転車から身元が分かった。高校生は進士さんを刺して川に捨てたが、現場にパトカーや捜査員が来ているのを見て怖くなり、父親に相談して犯行5日後のきのう出頭したという。

事件のポイントを整理したボードを宇賀なつみキャスターが示す。面識がない進士さんをなぜ狙ったか、犯行時の状況は、5日間の経緯は?などと書かれている。

なぜアイスピック持ち歩いていた?

神奈川県警の元刑事の小川泰平さんは「高校生は現場に何度も行っていると思います。自転車を処分していないので、計画性は感じないですね。アイスピックは普段から持ち歩くものではないでしょうし、何回も刺したことは強い殺意を感じますが、遺棄のし方は場当たり的です。供述に矛盾があり、まずは2人の接点がカギとなります」と話す。

司会の羽鳥慎一「16歳ということで驚き、2人に面識がないのに二重に驚きました」