赤ちゃん服を別洗いしてない?新米ママがやりがち「ムダの多い失敗」3つ

写真拡大

誰でも第一子目の妊娠が分かった時、つまり初めてママになる時は、楽しみ半分そして不安も半分といったところではないでしょうか?

ママだって、子どもと一緒に成長するもの。ですから、初めは分からないことだらけなのは、当たり前なのです。

とはいえ、生まれてきた赤ちゃんの成長は非常に早いもの。是非、先輩ママからの経験や知恵を学んでおくべきです。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『the Asianparent』などの記事を参考に、“はじめのてママにありがちな失敗”3つをご紹介します。

 

■1:可愛い洋服を買いすぎてしまう

これ、非常に気持ちは分かります。もしかしたら、特に赤ちゃんが女の子だったりすると、なおさらかもしれません。

確かに、赤ちゃんの洋服は可愛いものばかりで、どれも欲しくなってしまいますよね。しかし、実際にそれを着れるかどうかは、分かりません。サイズの問題もありますし、季節の問題もありますよね。生まれてくる赤ちゃんが冬生まれだったら、夏物の新生児の洋服は着れません。赤ちゃんはわずか半年で、サイズも変わってきます。

「可愛い!」と思って買ってしまった靴が、全くサイズが合わなかったり、そもそも赤ちゃんが履かなかったり……。残念ながら赤ちゃんは、とにかく思い通りにはいきません。

しかも、意外に赤ちゃんのかわいい洋服は高いので、家計への影響も馬鹿になりません。ここは、はやる気持ちを抑えて、冷静になりましょう。

必要なもの以外は、生まれてきてからでも十分間に合うのですから。

 

■2:高価な木のおもちゃを買い揃えてしまう

最近では、環境や赤ちゃんの健康、情操教育に配慮した、木製のおもちゃなどが多くあります。どれも、ちょっと気が利いていたり、見た目にも優しくおしゃれな感じもして、とても購買意欲をそそるものが多いのも事実です。

赤ちゃんが生まれる前に、いっぱい買い揃えたいのも分かりますが、これもちょっと待ちましょう。

赤ちゃんによっては、全く興味を示さなかったり、すぐに壊してしまったりと、おそらく親の思う通りには遊んでくれません。しかも、やや値が張るものが多いですよね。

これらも、生まれてから赤ちゃんの成長や興味に合わせて、準備をしても大丈夫です。

 

■3:赤ちゃん用の洗剤で分けて洗濯する

赤ちゃんの着る服は、フワフワで清潔感のある状態にしてあげたいという思いから、赤ちゃんの衣類用の洗剤を使って、赤ちゃんの着る服だけ分けて洗濯をする、なんてことをしていたり、しようと計画している新米ママもいるかもしれません。

これは、おそらく長続きしませんし、あまり意味がありません。

特に最初は、慣れない赤ちゃんの夜泣きに悩まされ睡眠不足だったりと、家事をする時間は少しでも減らしたいと思うようになるでしょう。

できるだけ洗濯の回数を少なくした方が、ママの精神的にも体力的にも、間違いなく良いのです。何事も理想と現実は違います、洗濯は家族の分と一緒にしましょう。

 

以上、“はじめのてママにありがちな失敗”3つでしたがいかがだったでしょうか? こうした失敗、事前に分かっていながら、多くのママが失敗してしまうことかもしれません。

まずは何よりも、赤ちゃんの成長に寄り添ったお世話をしてあげるようにしましょう。あまり難しく考えすぎないようにしてください。その方が、ママにとっても楽なはずです。ママとしての成長も楽しめようになると良いかもしれませんね。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 衝撃の結果に…専業主婦orワーママ「夫が家事や育児に協力的」なのはどっち?

※ 対人恐怖の子に育つ!? 「赤ちゃんのおむつ替え」パパ・ママのNG言動3つ

※ 知れば気持ちが楽になる「赤ちゃんがギャーギャー泣く理由」3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

72kgが51kgに?成功者続出の「裏技ダイエット」

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ 正直ゲンナリ…「夫の機嫌が悪いとき」妻がとるべき賢い対処法3つ

※ 2位家の前にゴミ…「ご近所さんにやられたらイラッとすること」1位は

 

【参考】

※ 7 rookie parenting mistakes all new mothers make - the Asianparent

 

【画像】

※ SunKids / Shutterstock