写真提供:マイナビニュース

写真拡大

筆まめは7月6日、インターネット上で住所録を作成・編集が可能な「筆まめクラウド住所録」が、キングソフトが販売するクラウド名刺管理「CAMCARD BUSINESS(キャムカードビジネス)」と連携したと発表した。

「筆まめクラウド住所録」は、PCやスマートフォン、タブレットなどのWebブラウザ上から、住所録や顧客情報の作成・編集・管理・共有を無料で行えるクラウドサービス。

「CAMCARD BUSINESS」は、組織で名刺情報を管理するために必要な機能を備え、名刺情報を通じて顧客管理を行えるマルチデバイス対応のクラウド名刺管理サービス。

今回の連携により、「CAMCARD BUSINESS」を利用しスマートフォンやタブレット、スキャナから読み込んだ名刺データを、Excelファイルでエクスポートし、そのまま「筆まめクラウド住所録」へインポートできるようになった。

また、「筆まめクラウド住所録」に登録された住所録は、「筆まめクラウド顧客管理」と連携させることで、顧客へのメール配信リストとして活用することも可能。「筆まめクラウドラベル印刷」「Web筆まめ」、はがき住所録ソフト「筆まめ」と連携することで、はがきへの宛名印刷や宛名ラベル作成などの用途に活用できるという。

(Aries)