もはや私たちの生活になくてはならない必需品となったスマホ。今、どうしても手放せないと思うものをたったひとつ挙げるなら、「スマホ」と答える方も多いのではないでしょうか?

かくいう筆者も、その一人です。ただ、スマホに夢中になっていると、気がつけば背中はびっくりするほど丸まって背肉がこんもり、確実にスマホおブス街道まっしぐら!といった事態にも。恐ろしいですよね。

かといって、「なるべくスマホから離れる時間を持ちましょう」とか、「外に散歩に出かけましょう」といった真っ当なご意見はまぶし過ぎて……。いきなりは習慣化できないものも多いですよね。

 

■スマホでできた不調は、スマホで改善しよう

そこで、「美も健康も、スマホも諦めたくな〜いっ!」というよくばり女子に朗報です。

ヤフーが20周年企画として制作し、6月15日に公開された“スマホで肩こり解消動画”、その名も、『Yahoo!スマートストレッチ360』をご紹介したいと思います。

これはなんと、スマホ肩こりを少しでも解消できるように、座ったままでかんたんにスマホの360度動画を見るだけで改善できるようにつくられたものなのです!

目からウロコともいえる「スマホでできた不調は、スマホで改善しよう」という初の試み。ポジティブすぎてびっくりでしょう?

「目には目を、スマホにはスマホを」とハンムラビ法典もびっくりな斬新ストレッチ法です。

首・肩・背中に、スマホ慢性疲労の見られる筆者が、実際にこの「HOW TO “SMART STRETCH 360”」動画を体験してみた感想とともに、詳しいストレッチ方法をお伝えしてまいりたいと思います!

なお、ストレッチを実際行う360度動画は、YouTubeアプリで起動してご覧頂くかたちになりますよ。


 

■まずは、スマホを横にして両端を握る!

動画を開始する前に、基本姿勢を押さえましょう。まずは、肩幅の広さに両足を開いて下さいね。そして、姿勢を正してイスに座った状態で、横にしたスマホの両端を握ります。

背筋と腕を伸ばして、リラックスしながら伸ばす。イスに座った状態での「前へならえ」のポーズといった感じです。やけに姿勢良く写真を撮っているようなイメージですかね。

う〜ん、これだけでも何だかすっきりしてきます。何も持たない状態よりも、安定しますね。スマホにこんな使い方もあったなんて驚きです。

 

■妙な教官に指導されて、スタート!

動画がはじまると、「フォロミー、オッケーィ? レッツゴー!」と異常にテンション高い竹中直人似の教官らしき人が、まるでドリフのコントさながらにフリッフリの白いバレリーナのような衣装をつけて登場します。

初めはぎょっとしますが、なるほど、これは飽きずにできそう。テンポの良いリズムとともに、既視感バリバリの映像が流れます。こっ、これは……ビリーズブートキャンプのようなノリ……?

この教官はずっとスマホの画面の真ん中に登場して、テンションを高めキープで、指示を出し続けてくれます。スマホに映し出される教官の顔が、自分のカラダと平行になるように意識しながらストレッチを続けると効果的です。

 

■腕を伸ばしたまま、上下ストレッチ

この基本姿勢で、まずは真上と真下に腕を伸ばします。息を吸いながら真上まで、スマホを持った両腕を伸ばします。上に伸びきったら、とまります。

息を吐きながら下に向かいます。この時は、ゆっくりと背中を丸めていきます。このストレッチには、背中をスッキリ伸ばす効果がありますよ。滞っていた腕への血流が、確かに力強く感じられます〜。

 

■腕を伸ばしてまた、左右ストレッチ

基本姿勢は保ちつつ、ゆっくりと左右にカラダを軽くねじります。この時もスマホの真ん中に教官がいるので、教官とカラダの中心を向かい合わせた姿勢をキープしてひねりましょう。

教官の声が少しうるさいですが「ヤッてる!」感がありますので、楽しいですね。腰と胸と背中を伸ばす効果があるポーズです。肩甲骨に優しい刺激がひろがっていく感覚です。

ここまででも、結構スッキリしてきましたよ。さぁ、あともう少しのようです。いってみましょう!

 

■八の字のポーズでストレッチ

まずは基本姿勢の状態からスマホを下に持っていってかがみます。息を吸いながら、ナナメ左上へスマホごと移動させます。

息を吐きながら、右下まで一気にたすきがけのように腕を下ろしていきます。そのまま右上にまっすぐ腕を上げます。再び、今度は逆側のななめ下へとスマホごと腕を下ろしていきます。スマホごと、八の字を描くイメージですね!

肩の後ろから背中の側面を伸ばす効果のあるポーズです。背中が喜んでいるのを感じます!

 

■広背筋を鍛えて、美乳に!

最後まで終えてみての感想になります。スマホでガッチガチに凝りやすい肩甲骨付近がいい感じにほぐれてきました。ちなみに肩甲骨が凝った状態を放っておくと、バストがちっちゃくなっちゃうという悲しい事態を招くのだとか……。

バストアップというと、カラダの前面を支えてくれる大胸筋にばかり目がいきがちですが、実は背中からバストを支えている“広背筋”もとても大切になってきます。

“広背筋”とは、背中で骨盤の上部付近から両脇の下辺りに向かって伸びる逆三角形の筋肉のことを指します。

この広背筋は長い時間縮んだままにしておくと、縮んだ状態で固まってしまうのです。長時間のデスクワークで肩が前に巻き込まれる姿勢が続くと、いわゆる“巻き込み肩”や猫背になってしまいます。

なるほど、巻き込み肩や猫背が基本になっているのは、広背筋が縮んでガチガチにこわばっている証拠なんですね。これが、現代女性のバストを垂らしてしまう大きな原因にもなっているのです。

バストアップをするためには、広背筋をしっかり伸ばしてあげる必要があるのです。この『Yahoo!スマートストレッチ360』を日常にしっかり取り入れて、おっぱいケアにいそしんでみるのはいかがでしょうか。

 

以上のように筆者もやってみましたが、短時間で上半身がぽかぽかになりました。

日頃、デスクワーク中心の方や、スマホをよくチェックする方は、ぜひ試してみて下さいね!

 

【関連記事】

浮気や精子チェック!? カップルで使える最新スマホアプリ3つ

※ 乱暴でだらしない!? 「割れスマホ」が致命的にモテない理由とは…

※ 美は姿勢から…大人の習い事「バレエがあなたを美しくする理由」3つ

※ お腹ぽっこりの原因に!無意識にやっている残念すぎる姿勢6つ

※ ギャー…大ピンチ!恋愛がもたらす「悲劇的な」マイナス作用3つ

 

【姉妹サイト】

※ やめて!男が「友達の前で恥かいた」と思う彼女のみっともない行動1位

※ やる気が出ないのはなぜ?「やる気をUPさせる」対策法

 

【参考】

※ スマホで起きた“肩こり”をスマホを使って解消する動画「Yahoo!スマートストレッチ360」について - ヤフー

 

【画像】
Stas Ponomarencko / Shutterstock