写真提供:マイナビニュース

写真拡大

The Independentに7月5日(米国時間)に掲載された記事「UN declares online freedom to be a human right that must be protected|Tech|Lifestyle|The Independent」が、国連人権理事会がインターネットにおける人権の保護やプロモーションを目指す決議を可決したと伝えた。これはインターネットへのアクセスを故意に規制している国を非難する狙いがあるものとされている。

可決された決議では、人々がオフラインで有している権利はオンラインにおいても保護されるべきという点が強調されており、特に世界人権宣言および市民および政治権利に関する国際規約において保護されている自由に関して言及する内容になっている。

決議は可決されたものの、中国およびロシアを含むいくつかの国はこの決議に対して修正を求めるなど反対する姿勢を示している。また、この決議は法的拘束力を持たないため、宣言の内容を強要することはできない。しかし、インターネットへのアクセスを故意に規制している国に対する牽制になるだろうと説明がある。

(後藤大地)