写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMはは7月6日、2016年6月より開始した九州発でハッカソンを起点とするイノベーション創出プログラム「イノベート・ハブ 九州」の一環として、8月6日より「イノベート・ハック 九州」と称するハッカソンを開催すると発表した。

今回のハッカソンは、「まち・くらし」「観光・エンターテインメント・スポーツ」「ヘルスケア」「ロボティクス」の4つをテーマとしている。参加者が九州ならではのコンテンツ、地域の暮らしに関するオープン・データ、参画企業から提供される固有のデータなどを、IBMのクラウド開発環境である「IBM Bluemix」や「IBM Watson」のAPIと組み合わせ、アプリ開発して競い合う。上位入賞者は、IBMおよび参画企業・団体より、事業化や海外進出の支援を受けられる。

「イノベート・ハック 九州」開催概要は次のとおり。

募集要項・条件などは、Webサイトで発表される。

(Aries)