ダイソー、セリア、キャンドゥ…100均の超優秀すぎるキッチン用品9選
 真の銘品、大発見。

 リーズナブルな価格で便利生活を彩る、「100均」。最近、商品数がますます増え、食品、インテリア用品、キャラクターグッズまで、なんでもそろっています。中でも、優れた機能性やデザインで目を見張るのが、キッチン用品。上手に選べば、100円の価値をはるかに超えるアイテムが数多く埋もれています。

 ポイントは、本当に高品質・飽きのこないデザイン・毎日のように使えること。そこで今回は、3大ショップ<ダイソー、キャンドゥ、セリア>で、銘品を3つずつご紹介したいと思います。

◆ダイソー

(1)ゆでたまごを美味しくキレイに作る便利グッズ

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543460

 ゆでたまごを作る上で悩ましいのが、「好みの固さに仕上げたい!」、「殻をつるりとむきたい!」ということ。その願望をかなえてくれるのがこの2つの便利グッズです。

左:卵と一緒に入れてゆでるだけで、固さのタイミングがわかるメーター
右:殻に穴をあけて卵内のガスを抜き、殻をむきやすくする器具

 他の100均ショップにも類似商品はありますが、使いやすさやビジュアルなどを考慮するとダイソーに軍配があがります。

(2)食洗機対応の国産箸

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543475

 箸の取り扱い数は、おそらくダイソーがナンバーワンでしょう。中でも、国産かつ食洗機対応のオリジナル商品が秀逸。機能性はもちろん、デザインも洗練されていて、108円とは思えない仕上がりになっています。

 自分用で気軽に使うアイテムとしてはもちろん、海外への土産にも重宝します。

(3)野菜や果物が長持ちする鮮度保持袋

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543491

 これぞ私が長年愛用しているアイテム。野菜や果物が古くなる際に発生する「エチレンガス」を吸着してくれる「ゼオライト」含有のビニール袋です。

 かなり丈夫にできているので、1度限りではなく、ある程度は繰り返し使えるのも評価ポイント。料理派だけでなく、野菜を使いきれずに悩んでいる独り暮らしの方にもオススメです。

◆キャンドゥ

(1)手軽に使えるコンパクトまな板

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543530

 時短料理の際にちょっとだけ使いたい、臭いのつくショウガやニンニクを刻みたい。そんな時に便利なのが、キャンドゥが作るオリジナル商品「Do!STARS」のまな板。

 厚さや硬さのバランスが良いだけでなく、端っこまでフラットな構造になっていたり、目盛線がついていたりと細やかな設計に関心してしまいます。この値段だからこそ気兼ねなく定期的に交換することができるので、無理なく清潔なキッチンを維持できちゃいます。

(2)超シンプルなボウル&ざる

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543533

 これも私が5年以上愛用しているアイテム。マイナス20度〜120度までの耐熱性に加え、綺麗な白色、使いやすい薄さ、綺麗な白色、超シンプルなデザイン(ひっかかる部分や汚れが残る溝などがほとんどない!)が魅力なんです。

 ステンレス製やガラス製を使うほどでもない時に是非どうぞ。ボウルとざるは別売りですが、セットで揃えれば、キッチンの必須アイテムになること間違いなしです。

(3)光触媒のキッチン用ふきん

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=543534

 自然光や蛍光灯などの「光」に反応することで、細菌増殖・悪臭を抑えるキッチン用ふきん。素材によって食器用、テーブル用に分かれているので、それぞれストック買いしておくと便利でしょう。