決勝進出に歓喜するC・ロナウド「夢見ていた舞台に達することができた」

写真拡大

▽ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが、ユーロ2016決勝進出に喜びを示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽ポルトガルは6日、ユーロ2016準決勝でウェールズ代表と対戦。前半こそゴールレスで終えるも、50分に左CKの流れからC・ロナウドのヘディングシュートが決まってポルトガルが先制する。さらに53分にもC・ロナウドのシュート性のボールをナニが触ってコースを変えてネットを揺らすと、試合はそのまま終了を迎え2-0で勝利したポルトガルが決勝に進出した。

▽試合後、インタビューに応じたC・ロナウドは、決勝進出に喜びを示した。

「僕たちは決勝に進むために、それぞれが素晴らしいプレーを見せた。この大会に臨むにあたって、みんなが夢見ていた舞台に達することができたよ。とても長い道のりだった。でもまだ終わりではない。日曜日(決勝戦の日)にはみんなが歓喜に包まれていることを願うよ」