画像

写真拡大

 電通デジタルは、マーケティングプラットフォーム「Marketo」とLINEの企業向けAPI「LINEビジネスコネクト」を連携するソリューションの提供を開始した。

 電通デジタルは7月6日、マーケティングプラットフォーム「Marketo(マルケト)」とLINEが企業向けに提供しているAPI「LINEビジネスコネクト」を連携するソリューションを自社開発し、提供を開始した。

 同ソリューションでは、企業がMarketo内に蓄積する顧客情報と自社LINEアカウントの友だち情報を顧客承認のもとで連携させることができる。これにより、個人単位の属性や行動履歴に対応したLINEメッセージの発信を実現する。

 そして、メール送信には反応しない顧客層に個別のLINEメッセージで行動を促す、また自社ウェブサイト上の顧客アクションをトリガーにLINEメッセージをリアルタイム配信するなど、チャネルを横断した施策の展開が可能になる。

 また、同ソリューションはMarketoのエコシステムであるLaunchPointの一環として展開しており、今回の発表にあわせ、電通デジタルではビジネスコネクトアカウントの販売も開始した。

MarkeZine編集部[著]