本店当主は秘伝のレシピを守り、1人ですべてのショコラを手作りしている

写真拡大

フランスの老舗ショコラブランド「イルサンジェー」の東京ブティック(東京都渋谷区)は、「バシュラン」2種を、2016年7月8日から夏季限定で発売する。

「イルサンジェー」はフランスのジュラ地方・アルボワで4代に渡りレシピを受け継ぎ116年の歴史を持つ老舗のショコラブランド。現当主はフランス最高菓子職人の称号であるMOFを持つ。「バシュラン」はメレンゲでアイスクリームやフルーツを挟んだフランスでは定番の夏のデザートで、これまでフランス本店のみで扱っていた。

アイスクリーム2種と季節のフルーツに、イルサンジェーの刻印入りメレンゲが付いている。「キャラメル・シトロン」は、甘くほろ苦い濃厚なキャラメルアイスと、爽やかな香りと苦みの効いたレモンソルベの組み合わせ。「キャラメル・コーヒー」は、芳醇な香りと濃厚な甘みのコーヒーアイスと、濃厚なキャラメルアイスという、ワインと絶妙に合う組み合わせだ。

同店は1日限定7組の完全予約制となっている。