約2万1000平方メートルの敷地にアウトドアブランドや飲食店、ジムなど全17店舗が集結

写真拡大

東京都内屈指の大自然を誇る奥多摩エリア。その緑豊かなエリアの玄関口となる昭島市に昨年3月誕生したのが 、アウトドアの魅力を満喫できる商業モール、モリパーク アウトドアヴィレッジだ。

【写真を見る】モリロックという名前は一般公募で決定。ワールドクラスの大会が開催可能なスペックだ

ヴィレッジ内には、THE NORTH FACEやsnow peakなどの大人気アウトドアブランド14店舗が集結するほか、飲食店や子どもも楽しめる200mのミニトレッキングコースや芝生広場、池などもあり、一日中楽しむことができる。中でも目を引くのが、ヴィレッジの象徴とも言える高さ16.5mの巨大クライミングウォール、モリロックだ。

■ 超上級者から初心者まで楽しめるクライミングアクティビティが充実!

ヴィレッジ内のクライミングジム&ヨガスタジオPLAYでは、国際大会の基準を満たすこのクライミングウォールでロープクライミングが体験できる。こちらはかなり本格的なので、大人も子どももインストラクターの指導を受けた人だけが利用可能だ。

また、ジム内には高さ5m、幅56mという関東最大級のボルダリングウォールも完備。こちらは傾斜の少ないウォールからエキスパート用のウォールまでそろうため、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができる。

ジムは会員制だが、トライアル利用やイベントなどで非会員でも気軽に楽しめる機会が多数設けられているのが嬉しい。例えば、親子で参加できるボルダリング教室のトライアル体験ができるほか、GWや夏休みには子ども向けのボルダリング体験教室などのイベントを随時開催しているので、HPを要チェックだ!

また、ヴィレッジ内の屋内広場では毎週末と祝日に、5mの壁を登る子供向けのクライミング体験も実施。体重15kg以上の小学生に限り、先着順で楽しめる人気イベントなので急ごう!

ほかにも8月11日(木)から16日(火)に予定されるカヤック・カヌーの特別体験や、多摩の木材を使用した木のキーホルダーを作るウッドクラフト体験など、ファミリーで楽しめる夏休みイベントが盛りだくさん。この夏はモリパーク アウトドアヴィレッジで、楽しい思い出を作ろう!【東京ウォーカー/取材・文=竹田亜矢】