レーティング:ポルトガル 2-0 ウェールズ《ユーロ2016》

写真拡大

▽ユーロ2016準決勝のポルトガル代表vsウェールズ代表が6日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、2-0で勝利したポルトガルが決勝に進出した。超WSの選手採点と寸評は以下のとおり。

(C)CWS Brains,LTD.
▽ポルトガル採点

GK

1 R・パトリシオ 6.0

キャッチングやハイボール処理など、安定したゴールキーピングだった

DF

21 セドリク 6.0

堅実な守備で自サイドを崩さず、攻撃にも関与

4 フォンテ 6.0

的確なポジション取りで安定感ある守備を続けた

2 ブルーノ・アウベス 6.0

持ち味の空中戦の強さで制空権を掌握。力強い対応でロブソン=カヌを封殺した

5 ラファエウ・ゲレイロ 6.5

素晴らしいクロスボールでC・ロナウドの先制点をアシスト。守備も崩れず

MF

16 レナト・サンチェス 5.5

バランス重視。カウンター時に一定の推進力を見せた

(→アンドレ・ゴメス 5.5)

好パスでチャンスを演出した

13 ダニーロ 6.5

中盤の低いポジションでバイタルエリアをうまく整備。ゴールにも近づく

23 A・シウバ 5.5

攻守によく動いてチームを活性化した

(→モウティーニョ -)

10 ジョアン・マリオ 6.0

ポジションを変えながら一定のアクセントとなった。守備にも貢献

FW

17 ナニ 6.0

ゴール前で好反応を見せてチーム2点目を記録。鋭いミドルシュートも

(→クアレスマ -)

7 C・ロナウド 6.5

打点の高いヘディングシュートで先制点を奪った。2点目にも絡む

監督

サントス 6.5

ブルーノ・アウベス起用が当たる。バランスも良かった

(C)CWS Brains,LTD.
▽ウェールズ採点

GK

1 ヘネシー 5.5

一度、ナニのシュートをキャッチし損なったが、それ以外は問題なし

DF

2 ガンター 5.5

押し込まれたが、大崩れはしなかった

19 コリンズ 6.0

ベン・デイビスの代役としての出場も、ベテランらしく堂々とプレー

(→J・ウィリアムズ 5.5)

流れを変えるには至らず

6 ウィリアムズ 6.0

5バックの中央で冷静に最終ラインを統率

5 チェスター 5.5

失点時にロナウドに競り負ける。前半は良かったが、後半は失速

3 テイラー 5.5

攻守に平均的な出来だった

MF

7 ジョー・アレン 6.0

低い位置でよくボールに関与し、ビルドアップの中心に

16 レドリー 5.5

可もなく不可もないパフォーマンス。2点ビハインドでの戦術変更で交代

(→ボークス 5.5)

なかなかシュートに持ち込めなかった

8 アンディ・キング 5.5

献身的に守備をこなし、飛び出しで攻撃に関与

FW

11 ベイル 6.0

個人技で違いをつくったが報われず

9 ロブソン=カヌ 4.5

最前線で張るも、フォンテ&ブルーノ・アウベスの厳しいチェックに遭って起点になれず

(→チャーチ 5.5)

特に仕事はできず

監督

クリス・コールマン 5.5

早めの交代策で手を尽くすも、力負けした

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

C・ロナウド(ポルトガル)

▽1ゴール1アシストと決定的な仕事をして、役者が違うところを見せた。

ポルトガル 2-0 ウェールズ

【ポルトガル】

C・ロナウド(後5)

ナニ(後8)