アジフライ、たこ焼き、お好み焼き…。想像しただけでビールが頭をよぎるつまみは数知れず。そんな誰もが好きなつまみが看板の名店をご紹介。「うまいんだな、これがっ!」の合言葉でグビッとやっちゃって!



“サクサク衣が決め手の悩殺アジフライ”
鯵の魅力を最大限に引き出したアジフライ『新ばし 久』

新橋/割烹


ここは和洋取り混ぜた、旬のおすすめ料理を味わう割烹スタイル。ファンの多いアジフライは、素材の味を生かすために下味はあえてこしょうのみ。塩と自家製タルタルソース、酢キャベツを添えるので後はお好みで。

まずはそのままかぶりつけば、衣はサクサクッといい音を奏で、身はふっくらと柔らか。アジの風味と衣の香ばしさにしばしうっとりする。



アジフライは、身質がよく脂が少ない小ぶりなサイズのものを使っている。「あれば淡路産がいい」と店主の清水久さん



こちらもビールに合う具だくさんのポテトサラダ



新橋の飲み屋街にあり、カウンターでしっぽり大人の居酒屋的に楽しめる


みんな大好きなたこ焼き、お好み焼きの名店でビールとグビっと!



浪速の基本。まずはコレ! たこ焼き(ソース)¥500
人と人をまぁるくつなぐ大阪のザ・ソウルフード『代官山 天風』

代官山/たこ焼き


“さくちゃん”の相性で親しまれる店主・櫻本政秀さんが営む超人気店。開店後すぐから入れ替わり立ち替わり訪れる客は、さくちゃんの温かな人柄と大阪仕込みの“ほんもまん”のたこ焼きに魅せられ、皆、笑顔に包まれる。

紅生姜と長ねぎ、大だこ入りのとろふわ生地をじっくり焼き上げたアツアツのたこ焼きには、セルフで注ぐ生ビールが最高だ。



塩オリーブ¥600は、目からウロコのおいしい新発見



さくちゃんのたこ焼きとおしゃべりを楽しみに訪れる客多数。生ビールを注ぐのも伝票書きもセルフサービス。初めてでも常連でも皆ウェルカムの空気がうれしい




生地に卵をからめた麺と、豚バラ、海老、たこ、大葉など7種類の具が入ったミックスモダン焼¥1,500
なじみの味に発見あり。これぞ本場の自信作『戸田亘のお好み焼 さんて寛』

六本木一丁目/お好み焼き


「来て、見て、食べて、寛いで」。3つの“て”+“寛”を店名に掲げる同店は、あの行列店『お好み焼き きじ』の姉妹店。

毎日9時間以上かけてとるという自家製スープこそまさにキモ。生地と具材の見事な一体感、それぞれの旨みを凝縮させる絶妙な焼き加減で、プロの技と味をみせつける。大阪なじみのお好み焼や一品メニューも充実、種類豊富なプレミアムビールと共に味わいたい。



なんこつを香ばしく焼き、スープとおろしであえた鶏なんこつのポン酢あえ¥600は、鉄板で温めて食べるのがおすすめ



1000本のコテで飾られたシャンデリアが圧巻の店内


スモーキーなポテサラに、旬の岩ガキもいっちゃって!



スモーキーポテトサラダ 。男爵いものホクホク感もいい
人気バーは酒も料理もひとひねり『バーシャンクス』

参宮橋/バー


名物メニューが多いことで知られる『シャンクス』。中でもポテサラ好きに溺愛されているのがスモーキーポテトサラダだ。

スモーキーの由来は、燻製をかけたポテトチップスといぶりがっこを加えること。がっこのパリパリ、ポテチのシャリシャリがアクセントで燻香はソフトに香る。ドラフトのIPAスタイルの国産クラフトビールと一緒にぜひ。



塩レモンハイボール。瀬戸内海の岩城島産レモンを使った優しい酸味。ラフロイグを使ったスモーキーヴァージョン



飲むだけでもしっかり食事でも両方できる




三重県産の岩ガキ。まずはレモンで、そしてポン酢、もみじおろしで召し上がれ
海の恵みと旨みが凝縮した、旬の岩ガキ『銀座 汁八』

銀座/割烹


創業47年の老舗割烹料理店。おばんざいスタイルで供する煮物や汁物が名だたる著名人に愛されてきたお店だ。店名の通り、汁八汁などの汁ものや煮物が名物だが、これからの時期は岩ガキがおすすめ。見た通りプリプリの身を口にほうばれば、濃厚でクリーミーな味わいが広がる。

また、注文ごとに鍋に移し替え卵とともに煮込んで仕上げる肉豆腐も人気。〆の食事には豊富な種類から選べる味噌汁を、ぜひ味わってみて。



木綿豆腐や豚バラ肉を柳川鍋風に仕上げた肉豆腐。味の決め手は赤酒



ホールスタッフは役者で、明日のスターを目指している