ナンの驚きの食べ方を提案!恵比寿に「ナンスタイル CAFE」が期間限定オープン

写真拡大 (全5枚)

本格カレーを楽しむにはぴったりのナンだけど、他にも食べ方がないのかな? そんな小さな疑問を持っていた私に答えてくれる、期間限定カフェがオープン!

7月6日の「ナンの日」にちなんで、2016年7月6日(水)から11日(月)まで、恵比寿の「CAFE PARK(カフェ パーク)」に、新しいナンメニューが味わえる「ナンスタイル CAFE」がオープン。こちらでは、料理上手なタレントや人気インスタグラマーの提案するナンメニューが6種類もラインナップ。

人気お笑いグループ「森三中」のメンバーで、料理上手として知られる村上知子さんの考案したメニュー「ナンピザ・ミート」(写真上・ランチ800円:サラダ・スープ・ポテト・デザート付き、ディナー600円:単品)は、ソーセージやチーズがたっぷり載ったボリューミーな一品。さらに、ランチではサラダやフライドポテト、オニオンスープとチーズケーキがセットになっているそう。

村上さんのオススメポイントは「冷蔵庫に残りがちなミートソースを使って、手軽にピザができちゃうこと」とか。これは、家で試してみたいナンレシピのひとつ。
◆人気インスタグラマー考案のスパイシーなアレンジ「ナン・タコス」も登場


人気インスタグラマーの「nao_cafe_」さんが考案したのは、ほどよくスパイシーなチリビーンズをパクチーやナッツとともにたっぷりかけた「ナン・タコス」(ランチ1000円:サラダ・スープ・ポテト付、ディナー800円:単品)。

暑い夏でもぺろりと食べられる、ほどよい辛さのメニュー。トースターで温めるとさらにモチモチ感がアップしておいしくなるというから、私が自宅で作るなら、ビールのおつまみに合わせてみたいな。

◆トレンドのオープンサイドスタイルでいただく、夏野菜との組み合わせも新鮮!


ズッキーニやナスなど旬の食材をふんだんに使った「4種の夏野菜のホットオープンサンド」(ランチ1000円:サラダ・スープ・ポテト付、ディナー800円:単品)は、見た目もカラフルで、みずみずしい野菜の味わいをトマトソースが引き立ててくれる一品。

たっぷり野菜をトレンドのオープンサンドスタイルでいただけば、テンションも上がりそう。

◆お酒との相性抜群!ディップで楽しむサラダ風のナンも


アボカドのなめらかな食感とプリプリのサーモンを組み合わせた定番のおいしさを、ディップで楽しむのは「ディップナンスタイル〜サーモンとアボカドのサラダ風」(ディナー600円)。

香りのよいシェリービネガーを使ったドレッシングだから、お酒との相性も間違いない!

◆フレンチトースト風など、スイーツにもアレンジOK


また、ナンを使ったスイーツも。人気インスタグラマーの「himawari_emi」さんは、「チョコとバナナのマシュマロナン」(600円)を考案。チョコソースを塗ったナンにバナナやマシュマロを載せてオーブンで温めるので、溶け出したマシュマロとチョコが、もっちりしたナンの上でとろけてボリューミーなスイーツに。

このほか、新鮮な卵と牛乳の調味液に浸して香ばしく焼き上げ、アップルシナモンと冷たいアイスを乗せた「アップルシナモンフレンチナン」(ディナー600円)も登場。フレンチトーストとはひと味違うおいしさが味わえそう。

「現在はさまざまなお店でナンのメニューが広がっていて、この夏注目されているんですよ」と、広報担当者さん。今まではカレー専用だとばかり思っていたけれど、新しい可能性を知ったら、料理のレパートリーも増えるかな?

Naoko Yoshida (Hachidori