「Z.com」ブランドアンバサダー香川真司のコメントを見る

写真拡大

GMOインターネットグループは、グローバルブランド『Z.com』のブランドアンバサダーに、日本代表MF香川真司が就任することを発表した。

香川真司、「ベトナムのメッシ」と共演でもお届けした通り、『Z.com』は、今年3月よりベトナム代表のグエン・コンフォンと個別スポンサー契約を結び、ベトナム国内においてプロモーションを展開をしている。新たに日本代表MFを加えることで、より大きな力になると考えているようだ。

Z.com ポスター

香川は今回の就任を受けて、以下のようにコメントしている。

香川真司
(日本代表MF)

「『Z.com』は、主にアジア圏で、サッカーの応援を通じてインターネットの発展を目指しているという話を聞いたとき、僕自身も日本を含めアジア全体のサッカーを盛り上げ、サッカーの発展に少しでも協力できたらと思い、今回、ブランドアンバサダーのお話をお引き受けしました。

インターネットとサッカーはまるで違うようだけれど、ネットを通じて多くのサッカーファンが盛り上がっていますし、海外に出ても母国のサポーターからの声援も届きます。だから、インターネットの発展が、アジアのサッカーの発展につながるということ、そしてそのための取り組みに共感しました。

『Z.com』の顔としてサッカーの発展と、多くの子どもたちに夢と希望をもってもらえるよう、サッカーで結果を出し活躍できるよう頑張ります。今後とも応援をよろしくお願いいたします。」


ちなみに、7月14日(木)より、日本国内向けに提供する「Z.com」において、香川真司直筆サイン入りユニフォームが当たるキャンペーンを開始するという。

【外部リンク】 キャンペーンページ