5日、日中関係は依然として低迷しており、互いに悪印象を抱く人が多く存在する。ネットでの交流に関して中国のネットユーザーは、独自の見解を展開した。資料写真。

写真拡大

2016年7月5日、日中関係は依然として低迷しており、互いに悪印象を抱く人が多く存在する。「もっと交流を増やし相互理解を深める必要がある」との指摘があるが、ネットでは歴史問題や領土問題の話題になった途端激しく攻撃し合うことが多く理想的な交流はまだまだ少ないのが現状だ。

ネットでの交流に関して中国のネットユーザーは、「私のお薦めのサイトを挙げるとするならアダルトサイトだ。それも英語でコメントが書き込めるなど交流ができるタイプのサイトが良い。ぜひユーザー同士の交流をのぞいてみてほしい。きっと種族や宗教に関係なく、皆互いに尊重と理解を示していることに気が付く。アダルトサイトでは、対立が激しい日中韓や香港、台湾の人たちも互いを尊重している。アダルトサイトでは人身攻撃をすることはなく、仮にあっても賛同を得ることはできない。皆平等の立場でAV談義に花を咲かせているのだ。アダルトサイトは高尚な場所ではないが、サイトを利用する人々からは高い品格を感じることができる。人は皆自分の品格を表現しようとするが、まともなことを言えば言うほど攻撃される。真面目な話題であればあるほど、人間の醜い部分が浮き彫りになってしまうのだ」と独自の見解を展開した。(翻訳・編集/内山)