スリムなあの子が、15時になると密かにジャンプしている理由

写真拡大

仕事中、どうしてもやめられないのがおやつの時間。

ただパソコンの前に座っているだけなのに、夕方になると無性に小腹がすいてきます。

そんなおやつの誘惑を断ち切る方法、見つけました。

小腹がすいたら食べる前に数分動く

教育×WASEDA ONLINE』によると、

小腹が空いて3時のおやつが食べたいときには、2〜3分でよいので、その場で飛び跳ねる運動やちょっと階段を上って降りてくるような運動を行ってみてはいかがでしょうか? それだけで食欲は抑えられ、ましてはエネルギーも消費できるという一石二鳥のダイエット成果が見込まれます。

※原文ママ

おやつに手が出るころといえば、ちょうど仕事に疲れて休憩したくなる時間。そこで数分身体を動かせば、ダイエットができるだけでなく、肩や腰のコリも一緒に解消できそうです。

お腹を凹ませるだけでくびれ作りに

さらに余裕がある場合は、お腹周りも細くさせるために、呼吸しながら背筋を伸ばしてお腹を凹ませてみましょう。

1分間ほどお腹を凹ませるだけで、インナーマッスルがかなり鍛えられます。ウエストのくびれ作りも期待できるので、水着に向けたラストスパートには最適です。

仕事中のリフレッシュがてら、数分でできる簡単ダイエット。これなら無理することなく、毎日続けられそうです。

[教育×WASEDA ONLINE]

※この記事は2013年6月に公開された記事を再編集しています。

imge via Shutterstock